子どもたちに絡まれた時に現れたのは……! マンガ「海外の田舎町でコロナに反応した現地の人に撃退される」が感動話だった

access_time create folderエンタメ

全世界的に拡散しつつある新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。アジア系の人に対する差別が報道されることもある中、『世界歩いてるとドープな人にカラまれる』(ゲッサン)『#世界#映え殺し#ツアーズ』(サンデーうぇぶり)で連載している五箇野人さん(@gokayajin)が「海外の田舎町でコロナに反応した現地の人に撃退される」と題したマンガをTwitterで公開。コロナウイルスのせいで差別する話と思いきや……という展開に「素晴らしい」「ホッコリした」といった反応が多数集まっています。

アジア人の少ない地域に行って、「コロナ」「コロナウイルス」という声が聞こえ、子どもたちに後を付けられたり、「あんま良くない。早く抜けよ」となりますが、そこに現れたのはデカい人。突然お玉を持って「コロナー!!」と叫び、ブンブンと振った後に、「ハイ、ウイルス退治終了。この人はコロナじゃありません」と肩を組んでくれたのです! これで「コロナ」と呼ばれることがなくなったとのこと。

「行く前からアジア人に対しての警戒は予想していたので、逆に何か言われてもあまり気にしないようにしてたんですが、さすがに殴るジェスチャーはビビりました。特に集落で少し閉鎖された空間でもあったので、一気に複数の人が来るかもという恐怖もありました」という五箇野人さん。マンガへの反応について、「この現地の紳士に対して、“優しい”や“イケメン”、“泣ける”というコメントが嬉しいです」とコメントしてくれました。

なお、この国がどこかについては連載中のマンガで明かされるとのこと。今回に限らず、濃ゆい旅体験が満載なので、気になる人はチェック必須です。

世界歩いてるとドープな人にカラまれる(ゲッサンWEB)
https://gekkansunday.net/series/dope [リンク]

#世界#映え殺し#ツアーズ(サンデーうぇぶり)
https://www.sunday-webry.com/detail.php?title_id=554 [リンク]

※画像はTwitterより
https://twitter.com/gokayajin/status/1232274071485739008 [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧