伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

access_time create folder生活・趣味
伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

この記事はittaが配信しています。
伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

みなさん伊勢志摩へ行ったことはありますか?
私は先日初めて訪れましたが、伊勢志摩ののんびりとした雰囲気に魅了されてしまいました。今回はそんな伊勢志摩の魅力をお伝えしようと思います!

伊勢志摩はこんなところ

伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

Google Maps

伊勢志摩は三重県の南のほう、伊勢湾沿いに位置する場所です。東京からの伊勢市の中心地までのアクセスは、新幹線と電車を使って3時間半程度、バスだと9時間前後、車で高速道路を利用した場合は6時間程度です。伊勢志摩内の観光には、車があるともちろん便利ですが、バス電車乗り放題のフリー切符や、電車の乗車券と観光施設のチケットがセットになった切符などお得なものもあるのでご自身の旅に合うものを見つけてみてください。

まずは伊勢神宮へお参りしよう

伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

伊勢といえばやっぱり外せないのが伊勢神宮。神社の最高位であり、広さはなんと東京ドーム1200個分にも及びます。伊勢神宮は内宮と外宮がありますが、お参りは外宮→内宮の順にするのが習わしだそうです。

伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

伊勢神宮は自然がとても綺麗で、敷地内を流れる川もこの透明感。さすが日本最大のパワースポットとも言われるだけあって、ただ歩いているだけでもパワーをもらえそうですね。

お参りのあとはおかげ横丁で食べ歩き

伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

伊勢神宮での参拝が済んだら内宮近くにあるおかげ横丁へ。古い町並みを再現して作られた道はタイムスリップしたかのようです。食べ歩きに適したお団子や牛串、お豆腐のアイスなど、胃がいくつあっても足りません。手こね寿司や伊勢うどん、赤福なども有名なのでぜひ食べてみてください。また、お土産屋さんも多く立ち並んでいます。個人差はありますが、伊勢神宮とおかげ横丁を十分に回るには3〜4時間は見積もっておくといいかもしれません。

横山展望台から絶景を眺めよう

伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

志摩南部にある横山展望台。そこからは英盧湾に浮かぶ島々の美しい景色を眺めることができます。また、展望台には景色を眺めながら飲み物やデザートを楽しめるカフェが。テラス席に座ってたっぷりと美しい景色に浸ってみてはいかがでしょうか。展望台のすぐそばまで車で行くこともできますし、歩くのが好きという方にはトレッキングのコースも用意されています。

伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

また、今回筆者は『Bicycle Journey』で、近くの鵜方駅から電動自転車をレンタルしました。鵜方駅から横山展望台までは15分程。行きはかなりの登りですが、電動なので快適です。自転車は自然を存分に楽しむことができるのでとてもおすすめです。自転車をレンタルする際には事前に予約する必要があるので、当日であっても行く前に電話してみてくださいね。

夕日と共に旅を締めくくろう

伊勢志摩はこんなにも素敵なところだった! 魅力をとことんご紹介。

伊勢志摩は海に面しているので、海に落ちていく夕日を見ることができます。オレンジ色に染まる空を眺めながら旅を振り返ってみてはいかがでしょうか。

伊勢志摩の魅力は伝わったでしょうか。伊勢神宮を始め、自然がたくさんある伊勢志摩はのんびりとしていてとても素敵なところです。仲のいい友達と行くのもよし、カップルで行くのもよし、また、家族やおじいちゃんおばあちゃんと行くのも楽しめる場所だと思います。ぜひ伊勢志摩の美しい景色にどっぷり浸って日々の疲れを癒してきてください。


関連記事リンク(外部サイト)


ついにオープンした「アーティゾン美術館」は、建築も美しい先進的な美術館だった!


東京・日比谷に屋台村が誕生!? 気軽にハシゴ酒


【沖縄】神の島・久高島で猫たちとのんびり過ごす島じかん

access_time create folder生活・趣味
local_offer
itta

itta

思わず誰かを旅行に誘いたくなる旅のしおりを紹介するサービス。旅好きライター達が実際に「行った!」場所を体感することができます。

ウェブサイト: https://itta.me/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧