原作で人気の水劇エピソードを描く!愛憎渦巻く浪漫活劇譚『艶漢』第四夜[動画レポ]

access_time create folderエンタメ

尚月地先生の大人気漫画『艶漢』を原作にした浪漫活劇譚『艶漢』第四夜が3月1日まで新宿のシアターサンモールにて上演中。

『艶漢』は、ノーフン(フンドシをはいていないこと)がちで柳腰の美少年で傘職人の吉原詩郎と、熱血正義感の巡査殿・山田光路郎、そして詩郎の兄貴分で無敵な色気を放つ吉原安里の物語を軸にした、エログロナンセンスな昭和郷愁的アンダーグラウンド事件簿。廃墟のようなバラックが建ち並ぶ不思議な街・幻灯町を舞台に、ミステリありメロドラマありギャグありの波瀾万丈なストーリーが独特の演出で展開します。

実写化不可能と言われた原作の世界を、ほさかようさん(空想組曲)の脚本・演出をはじめ、殺陣×舞台美術×衣装×メイク×役者の演技力で見事に表現します。2016年3月に初演が上演された浪漫活劇譚『艶漢』シリーズは今作で四作目。

出演は、初演から引き続き吉原詩郎役に櫻井圭登さん、山田光路郎役に末原拓馬さん、吉原安里役に三上 俊さんが続投。

舞台オリジナルキャラクターで山田の幼馴染・大太刀一平を小沼将太さんが演じ、そのコミカルなキャラクターに笑いの起きる場面も。

そして今作では、ついに原作でも人気の水劇のエピソードが描かれます。妖艶な水劇の世界をどのように演出するのかは必見!

水劇一座の劇団員として鏡湖役に岡田あがささん、虹海役に松島志歩さん、花魚役に青木志穏さんら女性陣が華を添え、オリジナルキャラクターとなる男性劇団員の水稚役に坂下陽春さんが出演。水劇一座の座長・潮見役は加藤良輔さんが演じます。

そして芹沢尚哉さん演じる物語の鍵を握る水劇一座の作家・漁火と詩郎たちが出会ったことで物語は動いていきます……。

末原さんが「人間のすごく暗い部分を描く分、それに打ち勝つためのすごく明るい部分・強い部分を描いている作品」と会見でコメントしたように、山田と一平が再会した場面からは想像もつかないドロドロの愛憎劇。どのように吉原兄弟が関わるのか、ぜひ劇場で見届けてください。

本編の様子を動画でチラ見せ!

殺陣や水劇シーンの様子も動画で少しだけご覧ください!


動画:浪漫活劇譚『艶漢』第四夜 ダイジェスト
https://youtu.be/GCPNecoCpiI[YouTube]

キャスト会見コメント

水稚役:坂下陽春
今回の作品は水劇がメインとなっており、僕はオリジナルキャラクターの水劇団員です。個人的には、第四夜から初参加なのですが、第一夜から参加している先輩方がいらっしゃって、その先輩方に『艶漢』の世界観を教えていただきながら稽古場でたくさんご指導していただきましたので、そちらを本番で出せたらと思っております。

漁火役:芹沢尚哉
今回、初参加させていただくんですけど、こういった2.5次元の作品が続いていくというのはすごいことですし、そこに参加させていただけたのを嬉しく思っております。今回は舞台のオリジナルキャラクターですが、難しい役どころでもあり、自分の中でもチャレンジをしつつ、第四夜の良い意味でスパイスになれるように全力でいきたいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていてください。

花魚役:青木志穏
私も第四夜めで初参加させていただくのですが、このシリーズを観てきて本当に世界観が大好きで、独特の美しさやいろいろなものが混ざった世界観というのが舞台上でも表現できたら良いなと思います。今回は水劇ならではの表現や演出方法にも注目していただけたら嬉しいです。

虹海役:松島志歩
私も第四夜で初参加となります。皆様がずっとやってみたいとおっしゃっていた水劇編に参加させていただくのでとても緊張しているのですが、プレッシャーに負けず、この素晴らしいカンパニーのみなさんと一緒に千秋楽まで怪我なく共に闘えたら良いなと思っております。観ていただいたお客様の心の片隅にいつまでも残り続ける第四夜になれるように私自身も一生懸命がんばります。

鏡湖役:岡田あがさ
『艶漢』には第二夜から出演させていただいて、シリーズでこんなに女優さんがたくさんいる公演が初めてで。艶やかな男性たちの物語が描かれるんですけど、こちらの水劇一座の人間模様も大変なことになっておりますので、そのあたりもぜひ注目してください。

大太刀一平役:小沼将太
僕の役は明るい脳天気な役で、この作品自体が結構シリアスな部分があるので、僕みたいな明るい役が入って和ませて、良い作品ができるように千秋楽まで頑張っていきますので応援の方よろしくお願いします。

潮見役:加藤良輔
僕も舞台オリジナルキャラクターなので、一平ちゃん(小沼さん)と一緒にシリアスな空気をぶち壊せるような(笑)、新しい風を『艶漢』の中に吹き込むことができるように全力で頑張りたいと思います。

吉原安里役:三上 俊
もう四作目ということで、初夜からこれまで前作を越えようと頑張ってきたわけですが、この第四夜は別のベクトルでものすごい作品になったんじゃないかと。第五夜、第六夜など先を見据えての第四夜。第三夜までを必ずこえみなさんに楽しんでいただけるよう、全力で務めたいと思います。初夜からのメンバーもいよいよこの3人(櫻井・末原・三上)になってるんですけど(笑)、また戻ってくることもあるでしょうし、どんどんみんなで成長していけたらなと思っております。

山田光路郎役:末原拓馬
これまで続いてきたことをさらに続けるというときに、やっぱり続けていくためには一回これまでのことを断ち切らないとな、というのが僕らの挑戦でした。新しいことをやるというよりは、今まで見せてきた多彩なもので組み上がっている『艶漢』から、我々が成功すると思っていない面を掘り下げてみるという作業を一からやってみて、ちゃんと我々なりに辿り着いて初日を迎えていると思っております。ご覧になる方たちにもいろんな面を見てもらえるといいなと思っておりますし、とてもまとまりの良いチームです。人間のすごく暗い部分を描く分、それに打ち勝つためのすごく明るい部分・強い部分を描いている作品だと思います。どうか皆様の日常のお力添えになれればなと思います、お待ちしております。

吉原詩郎役:櫻井圭登
こうして再び詩郎として帰ってくることができて本当に幸せです。『艶漢』クオリティーはもちろんなんですが、本当にこのカンパニーでしかできないことが今回できているんじゃないかなと思っているので、ぜひ楽しみにしていてください。そして僕自身、初演から詩郎を演じさせていいただいているんですが、本当に今まで支えてくださった皆様に感謝の気持ちを込めて詩郎を演じきりたいと思っておりますので、応援の程よろしくお願いします。

浪漫活劇譚『艶漢』第四夜
【原作】尚月地『艶漢』/「ウィングス」連載中(株式会社 新書館)
【脚本・演出】ほさかよう(空想組曲)
【企画・制作】CLIE
【公演日程】2020 年 2 月 16 日(日)~3 月 1 日(日)
【劇場】シアターサンモール
【出演】吉原詩郎役:櫻井圭登、山田光路郎役:末原拓馬(おぼんろ)、吉原安里役:三上 俊、
大太刀一平役:小沼将太、鏡湖役:岡田あがさ、虹海役:松島志歩、花魚役:青木志穏、
漁火役:芹沢尚哉、水稚役:坂下陽春/潮見役:加藤良輔
北村 海、坂本和基、大石 樹、森 陽菜
【公式サイト】http://www.clie.asia/adekan/
【公式 Twitter】@clie_seisaku
【推奨ハッシュタグ】#浪漫活劇譚艶漢 #艶漢

(C)尚 月地/新書館
(C)尚 月地・新書館/幻灯署活劇支部

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧