新生エンジェルたちの「バッド・ガール」ぶりが映えるダンスシーン! 『チャーリーズ・エンジェル』本編映像

access_time create folder映画

2000年、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという人気女優が集結し、初の映画版 として公開された『チャーリーズ・エンジェル』。そのパワフルなキャラクターたちに魅了され、世界中の女性 たちから圧倒的支持を得て大ヒットし、映画は一大ブームに!続く2003年に公開された続編『チャーリ ーズ・エンジェル/フルスロットル』はデミ・ムーアも出演し大きな話題となり、2作品の世界興収入は5億ドルを超える大ヒット! 女性が活躍するアクション映画の代表作となりました。そして2020年、世代も時 代設定も一新し、新たなるエンジェルたちが誕生。いよいよ2月21日(金)日本公開となります!

新世代のチャーリーズ・エンジェルとして選ばれたのは、『アラジン』のジャスミン役で大ブレイク中のナオミ・ スコットと、シャネルのミューズであり、『トワイライト』シリーズなどの作品で日本でも人気のクリステン・スチュワート、そしてカルティエのアンバサダーであり抜群のスタイルを誇るイギリス出身の新鋭女優エラ・バリンスカ。監督・脚本そして自らもエンジェルたちのボスとして出演するのは『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどで女優としても知られるエリザベス・バンクス。

今回、エンジェルたちの「バッド・ガール」ぶりが映えるダンスシーンの本編映像が解禁となりました!


https://www.youtube.com/watch?v=IntGvG89unU

敵陣のパーティに忍び込むサビーナ(クリステン・スチュワート)とジェーン(エラ・バリンスカ)。数多くの警備員やボディガー ドたちもいる中、パーティの客として派手なメイクとスパンコール付きのボディコンシャスなドレスで登場する二人。

人がひしめくパーティ会場で大音量で流れるのは、ディスコの女王ドナ・サマーの大ヒット曲「バッドガール」。軽快なサウンドにのせて、 客たちの中心となってキレッキレのダンスを踊るサビーナとジェーン。ダンスに夢中になっているように見せかけても、彼女たちの瞳は周りの状況を鋭く探っています。

新生チャーリーズ・エンジェルの始動はぜひ劇場で!

『チャーリーズ・エンジェル』
https://www.charlies-angels.jp

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧