ともにカラーリングを変更した2020年モデルのSUZUKI GSX-S1000 ABS/GSX-S1000F ABSが発売開始

access_time create folder生活・趣味
ともにカラーリングを変更した2020年モデルのSUZUKI GSX-S1000 ABS/GSX-S1000F ABSが発売開始


GSX-S1000 ABS:よりビビットな印象をもたらすカラーバリエーションを用意

SUZUKI GSX-S1000 ABS(2020年モデル)マットブラックメタリックNo.2/オールトグレーメタリックNo.3

GSX-R1000をベースエンジンとして採用するGSX-S1000は高回転域の出力特性をGSX-Rそのままに、低中回転域でのトルクを力強く演出。そのエンジンを軽量フレームと組み合わせてスポーツライディングや市街地で軽快かつニュートラルなハンドリングが楽しめる仕様のマシンだ。その2020年モデルはカラーリングの変更にとどまるが、青ならより青、黒ならより黒になるよう配色を変更している。

カラーバリエーション

SUZUKI GSX-S1000 ABS(2020年モデル)マットブラックメタリックNo.2/オールトグレーメタリックNo.3 SUZUKI GSX-S1000 ABS(2020年モデル)マットブラックメタリックNo.2/オールトグレーメタリックNo.3 サイドビュー

マットブラックメタリックNo.2/オールトグレーメタリックNo.3

SUZUKI GSX-S1000 ABS(2020年モデル)トリトンブルーメタリック SUZUKI GSX-S1000 ABS(2020年モデル)トリトンブルーメタリック サイドビュー

トリトンブルーメタリック

SUZUKI GSX-S1000 ABS(2020年モデル)マットブラックメタリックNo.2 SUZUKI GSX-S1000 ABS(2020年モデル)マットブラックメタリックNo.2 サイドビュー

マットブラックメタリックNo.2
価格
115万2,800円(税10%込)

GSX-S1000 ABS 製品ページ

GSX-S1000F ABS:モノトーンな雰囲気をより強調する配色を採用

SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020年モデル)パールグレッシャーホワイト

ロングツアラー派に人気を博してきたGSX-S1000Fも2020年モデルは諸元に変更なく、カラーリングの変更を行なって発売となった。従来は青と黒の2色展開からGSX-Sシリーズ同様に白色が新色で追加。また青と黒もサイレンサーやサイドカウルなどの配色を変更されている。とくに青はGSX-S1000 ABSと逆に黒を多く取り入れた配色に変更されている。

カラーバリエーション

SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020年モデル)パールグレッシャーホワイト SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020年モデル)パールグレッシャーホワイト サイドビュー

パールグレッシャーホワイト

SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020年モデル)グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020年モデル)グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック サイドビュー

グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック

SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020年モデル)グラススパークルブラック SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020年モデル)グラススパークルブラック サイドビュー

グラススパークルブラック
価格
120万7,800円(税10%込)

GSX-S1000F ABS 製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
スズキお客さま相談室
電話番号
0120-402-253
URL
http://www1.suzuki.co.jp

紹介した製品に関して、メーカーやショップへ問い合わせをする際は「タンデムスタイルの記事を見た」とお口添えいただけますと、我々はもっと面白い記事を作ることができるようになります!

関連記事リンク(外部サイト)

カラーリングを変更した2020年モデル SUZUKI GSX-S750 ABSが発売開始
上質感あるホワイトが追加!2020年モデルのHONDA CB1000Rが発売開始
2020年モデルは電子制御系がさらに充実!ハスクバーナ『701 ENDURO/SUPERMOTO』

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧