「漫喫のバイトで一番しんどいのはバラバラになった黒執事の順番を直す作業」ツイートが話題に 原作者も反応

access_time create folderエンタメ

2月17日、あるTwitterユーザーが

漫喫のバイトで一番しんどいのはバラバラになった黒執事の順番を直す作業

とツイート。「黒執事」のコミックスの背表紙が並べられた画像をアップした。
30巻近くある巻数がローマ数字で記載されているためわかりづらく、苦労のほどがしのばれる。反響を呼び多くのリツイートや「いいね」を集めていた。
他のユーザーから同じような例として「LIAR GAME」や「X」、「灼眼のシャナ」といった作品が挙げられたり、編集者が言及するなどしていた中で、「黒執事」の原作者である枢やな先生が

一方、黒執事原作者宅では

とツイート。並べられたコミックスの背表紙に「1」「2」といった手書きのアラビア数字を別途貼っている画像をアップ。こちらも大きな反響を呼んでいた次第である。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧