SpaceXが今年3回目のStarlink打ち上げに成功! ブースターは海にソフトランディング

access_time create folderデジタル・IT

SpaceXによるStarlink衛星ネットワークが急成長中だ。

同社はハイペースで打ち上げを実施しており、Starlink衛星60基の軌道投入はすでに今年に入って3回目。トータルで5回目となる。

アメリカ東部標準時の2月17日、午前10時5分にフロリダ州ケープカナベラル空軍基地より打ち上げられた衛星群は、15分後には軌道に投入された。ただ、Falcon 9ロケットの第1ステージの回収には失敗している。

・Starlink衛星ネットワークは300基構成に

Starlink衛星ネットワークは早くも300基構成となり、競合のOneWebなどを大きく引き離した。SpaceXは今年中にStarlinkミッションによる衛生サービスを部分的に開始する計画で、すでにFCCから1万2000基の打ち上げ承認を得ている(さらに3万台を追加申請中)。

今回も、Falcon 9ロケットの第2ステージの機器トラブルの影響で1日延期されたものの、打ち上げ自体はスムーズに実施された。

なかばお約束になっている第1ステージの着陸だが、今回に関しては、映し出された回収船「Of Course Still Love You」の映像(18分40秒あたり)に、ブースターが加わることはなかった(代わりに水しぶきらしきものが確認できる)。

・50回目のブースター回収を逃す

今回再利用されたブースターは4回目(CRS-17、CRS-18、 JCSAT-18/Kacific1)のもの。もし着陸に成功していれば、SpaceXによる50回目のブースター回収成功記念となっていただろう。

ただ、この失敗にあまり悲観的なムードはなく、解説者は第1ステージが隣の海に「ソフトランディング」したとアナウンスしている。

また今後、打ち上げ時にペイロードを保護するためのノーズコーンカバー(フェアリング)の回収も予定しており(前回はペアのフェアリングのうち片われだけの回収に成功)、ネットを携えた2隻の回収船(「Ms. Tree」と「Ms. Chief」)の活躍に期待がかかる。

Starlink衛星の打ち上げは、3月にも実施される予定だ。

参照元:Starlink Mission/ SpaceX

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧