ワイヤレスで投薬できる慢性創傷用スマート絆創膏を米研究チームが開発

access_time create folderデジタル・IT

慢性創傷の治療では、往々にしてステージごとに異なる薬を使う。そのたびに患部を覆う絆創膏をはがし、処置をし、また絆創膏をはるのが普通だ。

だが、そうしたはったり、はがしたりをしなくても投薬できるスマート絆創膏を米大学の研究チームが開発した。インターネット経由で遠隔からの操作に対応するものだ。

・針がワイヤレスで駆動

コネチカット大学、ネブラスカ大学、ハーバードメディカルスクールの研究者が共同開発したこのスマート絆創膏は、糖尿病性潰瘍など完治が難しい皮膚疾患での活用を想定している。

パッチの下にワイヤレスで駆動する針を搭載し、パッチそのものは薬のバッグとラインでつながっている。表面に薬を塗るのではなく、針先から傷の深くに薬を届けることができ、研究チームは「従来の手法よりも早く組織の再生を促すことができる」としている。

ちなみに、針は極細タイプで、患者はほぼ痛みを感じないという。

・投薬量も遠隔操作

潰瘍の治療では、その病状やレベルによって異なる薬を使うが、このスマート絆創膏の場合、薬の袋を変えることで絆創膏をはがさずに薬を変更できる。

また投薬の量や、複数の薬の組み合わせなども医療従事者はインターネットを介して遠隔から操作できる。

スマート絆創膏開発の背景には、糖尿病患者の増加で慢性創傷を患う人が多いという事情がある。糖尿病性潰瘍(糖尿病足病変)は放置すると壊死してしまい、ひどくなると切断せざるを得なくなる。そのため適切な治療が必須で、負担も抑制する手法としてこの絆創膏は開発された。

実用化の時期などについてはまだ明らかではないが、糖尿病患者は世界中で増えているだけに早期の商品化が待たれる。

コネチカット大学

(文・Mizoguchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧