【フェブラリーS】「大型馬」「リピーターの活躍が目立つ」レースまでに覚えておきたいデータ

access_time create folderエンタメ
【フェブラリーS】「大型馬」「リピーターの活躍が目立つ」レースまでに覚えておきたいデータ

5歳馬の成績が優勢

2019年のフェブラリーSのインフォグラフィック

2月23日、東京競馬場では2020年のJRAにおけるGⅠ開幕戦、フェブラリーS(GⅠ・ダート1600m)が行われる。今年は翌週にサウジアラビアで1着賞金1000万ドル(約11億円)という高額レース、サウジカップが新設されたこともあり、ゴールドドリームとクリソベリルが不在のメンバー構成となったが、昨年の覇者インティをはじめとした好メンバーがそろった。
そんなフェブラリーSについて、当日までに覚えておきたい5つのデータについてご紹介しよう。
まずは過去10年の年齢別の成績について見ていく。

過去10年の年齢別成績

3着以内に入った馬30頭中13頭が5歳馬となっており、最も良い成績。次いで4歳馬と6歳馬が6頭で並んでいた。2018年には騙馬のノンコノユメが勝利を果たしているが、牝馬は一度も馬券圏内に絡んでおらず、牡馬が圧倒的に優勢というデータが出ている。
今年のフェブラリーSには、アルクトス、タイムフライヤー、テーオージーニアス、ミッキーワイルド、モジアナフレイバーの5頭の5歳牡馬が出走を予定している。
続いて、馬券圏内に絡んだ馬の馬体重に顕著な傾向は見られたのだろうか。

過去10年馬体重別成績

勝ち馬10頭中8頭が500kg以上の大型馬。その中でも520〜529kgの馬が3勝、2着2回、3着2回と好成績。勝率13.0%、連対率21.7%、複勝率30.4%となっている。もともと大型馬が活躍する傾向にあるダート戦線だが、冬場でさらにパワー必要とされるダートコンディションになっていることが、こうした傾向に繋がっていると言ってもいいだろう。

リピーター候補は2頭

ここまでは年齢と馬体重について触れてきたが、続いては過去10年のフェブラリーSの枠順成績についても見ておこう。

過去10年枠順別成績

過去10年では2枠が3勝、2着2回、3着2回と最も好成績。勝率は15.8%、連対率26.3%、複勝率は36.8%となっている。しかし、スタートしてからも直線が長く続くコース形態であるため、6枠と7枠も2勝ずつ勝利をあげており、比較的外枠を引いてしまったからといって、不利というわけではなさそうだ。

過去10年で3着以内に入った馬

そして最後に過去10 年で3着以内に入った馬たちについても、調べてみた。名前を見ると、トランセンド、コパノリッキー、ゴールドドリームなど、ダート戦線で長年に渡って活躍し続けた名馬の名前が連なっている。
しかし、見ていただきたいのはリピーターの多さ。複数回連対した馬は、エスポワールシチー、テスタマッタ、ワンダーアキュート、コパノリッキー、インカンテーション、ベストウォーリア、ノンコノユメ、ゴールドドリームと8頭もいる。
今年の出走馬の中で、過去に連対を果たしているのは、昨年の覇者インティと2016年2着、2018年優勝馬のノンコノユメの2頭。ノンコノユメは今回、地方競馬に移籍しての参戦となるが、ゴールドドリーム以来の3回目の馬券圏内への好走はあるのか、注目したい。

関連記事リンク(外部サイト)

【京都牝馬S】距離変更5年目。そろそろ見えてきた新たな傾向とは
【ダイヤモンドS】「1番人気が7勝」「斤量重い馬の連対率45.5%」当日まで覚えておきたいデータ
【小倉大賞典】「1番人気・トップハンデ不振」 今年も荒れる?当日まで覚えておきたいデータ

access_time create folderエンタメ
local_offer
SPAIA

SPAIA

スパイア[SPAIA]では、野球、サッカーなど各種スポーツのAIによるデータ予想と解析、試合日程や結果、チーム成績や選手データなどあらゆる情報を配信。新しい視点でファンとスポーツの関心を高め、進化し続けるコンテンツと感動をご提供します!

ウェブサイト: https://spaia.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧