松戸駅に6階建て駅ビルを建設、駅改良工事は2027年春ごろ完了

access_time create folder生活・趣味


千葉県松戸市。常磐線と新京成線が接続する松戸駅は、ことし春から駅改良工事が始まる。
おもな工事は、東西通路を幅員14mに拡幅、改札内コンコースを現状800平米から1100平米に拡張、入口専用・出口専用に分かれている中央改札を統合、上野方(南側)に6階建て駅ビルを建設するなど。
当初は2014年度に工事に着手する計画だった。建築計画変更で着手時期が変更に。
完成時期は、東西通路拡幅が2026年春ごろ、駅ビル開業が2027年春ごろの見込み。

絵:JR東日本
画:鉄道チャンネル

関連記事リンク(外部サイト)

新旧「踊り子」乗り比べの旅を阪急交通社が発売、運行最終日の「スーパービュー踊り子」で伊豆へ
熊谷貨物ターミナル駅構内で電気機関車の撮影イベント、3月末実施へ――秩父鉄道
ハッピーセットのおもちゃが「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマに生まれ変わる 「STARTUP_STATION in 品川駅」2/17~23開催

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧