アートと歴史の宿るオシャレな街ベルリンで行きたいベスト写真スポット10選

access_time create folder生活・趣味

せっかく海外に行くならその土地でしか撮影できないような写真を撮りたいですよね。ベルリンというと、壁?ビール?というイメージしか湧かないという方も多いはず。実はベルリンは、世界でもニューヨークに続き2番目にクリエイティビティなシティーとして、今世界中から注目されているホットな街なんです。

今回は、そんなクリエイティビティに溢れた街ドイツの首都ベルリンに行ったら、ぜひ訪れてほしい10の写真スポットをまとめてみました。

 

雑誌の撮影といえばこちらのボタニカルガーデン

Photo by Erika

ベルリンの中心部から、電車またはバスで45分〜1時間ほど南に行った場所にある、大きな植物園ボタニカルガーデン。43ヘクタールの大きな敷地に世界中のたくさんの植物が置かれていて、ゆっくりと散歩しながら植物を観察できます。

さまざまな国の伝統的なガーデニングや、たくさんの種類の観葉植物など、見て触って匂いを嗅いでと五感で楽しめます。

特に、人気の写真スポットはビニールハウス内の大きなサボテンが並んでいる場所!ベルリンから始まったスタートアップやショップの多くは、広告素材をここで撮影しています。

また、夏と冬に「サマーガーデンナイト」や「クリスマスナイト」という、夜になると植物園内全てがライトアップされるロマンティックなイベントもあるので、ぜひチェックしてみてください。
■詳細情報
・名称:Botanischer Garten und Botanisches Museum(ボタニッシュガーデン&ミュージアム)
・住所:Königin-Luise-Straße 6-8, 14195 Berlin
・地図:
・アクセス:S-bahn Botanischer Gartenから徒歩7分
・営業時間:9:00〜19:00
・定休日:12月24日
・電話番号:030 83850100
・料金:大人6ユーロ・学生3ユーロ
・所要時間:2時間〜
・オススメの時期:4月〜9月
・公式サイトURL:https://www.bgbm.org/en/tickets-prices

 

ついつい写真を撮りたくなるマウアーパークのフリーマーケット」

Photo by Erika

ベルリンのフリーマーケットの中でも、一番大きいフリーマーケットがこちらのマウアーパーク。ベルリンは、ドイツの中でもフリーマーケットがたくさんあることで人気で、ドイツ国内からも多くの人が掘り出し物を探しにやってきます。

マウアーパークは、ベルリンの中心から約15分〜20分ほどで行けるアクセスしやすい場所にあります。さらに、店舗数がとても多いので、全部回るには1〜2時間必要。

特に、おすすめの写真スポットは、家具や骨董品が並んでるエリアです!日本では、なかなか見ないようなアンティーク家具や、ベルリンの壁時代のレアな品々が並ぶ風景にカメラを離せません。

また、お昼すぎ辺りから段々と混み始めてくるので、ゆったりショッピングをしながら写真を撮りたい方には、10時30〜と早めに行くことをおすすめします(早すぎてもお店の人の準備ができていないため)。
■詳細情報
・名称:Mauer Park(マウアーパーク)
・住所:Gleimstraße 55, 10437 Berlin
・地図:
・アクセス:U2 Eberswalder Straße.から徒歩5分/トラムFriedrich-Ludwig-Jahn-Sportpark.から徒歩1分
・営業時間:毎週日曜日10:00〜18:00
・定休日:11月末の日曜日に閉まる時もあるので詳しくは公式サイトから
・電話番号:030 60980018
・料金:1ユーロ〜
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:5〜9月
・公式サイトURL:http://www.flohmarktimmauerpark.de/blog.php

 

ベルリーナに人気のインスタスポット「House of small wonder」

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧