「クイーン エキシビジョン ジャパン 〜ボヘミアン ラプソディ〜」アイテムが追加展示! サプライズ企画が決定!

access_time create folderエンタメ
「クイーン エキシビジョン ジャパン 〜ボヘミアン ラプソディ〜」アイテムが追加展示! サプライズ企画が決定!

QUEEN EXHIBITION JAPAN ~Bohemian Rhapsody~製作委員会は、 QUEEN PRODUCTIONS LIMITEDの協力・監修のもと伝説的なバンド、 クイーン(QUEEN)の軌跡をたどる 『QUEEN EXHIBITION JAPAN ~Bohemian Rhapsody~Supported by 集英社(クイーン エキシビジョン ジャパン ~ボヘミアン ラプソディ~)』 を日本にて巡回中、 東京・日本橋高島屋は連日行列が出来るほどの盛況で会期終了。 プライベートでブライアン・メイとロジャー・テイラーが会場に来訪した際には、 お二人から「GREAT JOB!」と称賛をいただき、 1月30日(木)からは横浜・アソビルに舞台を移し、 絶賛開催中。 
 
クイーン+アダム・ランバート ラプソディツアー日本公演は13万7千人を集め、 伝説にふさわしいスケールと日本との絆を象徴する楽曲で世代を問わず魅了したステージとなった。 その熱気を受け、 横浜・アソビルでは2月14日(金)より、 ブライアン・メイとロジャー・テイラーがステージで使用したギターピック(6ペンスコイン)とドラム・スティックの展示を含む「LIVE in JAPAN 2020」コーナーを新設。 
 

unnamed.jpg
クイーン+アダム・ランバート ラプソディツアー 
さいたまスーパーアリーナ(2020年1月25日開催) Photos by Teppei Kishida
 
さらに、 アソビル平日限定企画として感動のクイーン・エキシビジョン シアターもパワーアップ。 映画「ボヘミアン・ラプソディ」のライブ・シーンを彷彿させるフレディ最後のツアー1986年『ライブ・アット・ウェンブリー』と70年代後半の代表曲をフィーチュアした1981年『ライブ・アット・モントリオール』の2作品を交互に上映します。 日本公演の興奮と感動を再び感じていただける内容に。 
 
また、 応募総数も100通を超え、 身近なクイーンの存在とクイーンとファンの絆の深さが伝わるコーナー「With QUEEN」も第2弾投稿の掲載も。 そして、 ご来場いただいた皆様に向け、 ビッグなサプライズ企画 が決定。クイーン展ジャパンに来訪したブライアンとロジャーの直筆サインの入ったボードをプレゼント。 (詳細は近日公式HP、 横浜・アソビルにて発表予定)是非、 3月22日(日)まで開催中の横浜・アソビルへ足を運ぼう。
 
クイーンの世界に浸り、 身近に感じられる 『QUEEN EXHIBITION JAPAN ~Bohemian Rhapsody~Supported by 集英社(クイーン エキシビジョン ジャパン ~ボヘミアン ラプソディ~)』 横浜・アソビル~大阪~名古屋と巡回。 クイーンがなぜ世界で愛されるのか?栄光と伝説は、 なぜ続いているのか。絶好のチャンスをお見逃しなく。

関連記事リンク(外部サイト)

"黙ってられない"人続出! 竹宮ゆゆこ『いいからしばらく黙ってろ!』発売! 瀧井朝世氏、池澤春菜氏、木崎ゆりあ氏らによる書評リレー企画も!
空想委員会のVo.Gt三浦隆一、初ソロ作品フルアルバムリリース決定! 渋谷CLUB QUATTROワンマンライブも!
時雨345のユニット・ti-ti.uu 3/15ライブ会場・通販限定音源リリース決定!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftop

Rooftop

LOFT PROJECT発、エンターテイメント・メディア Rooftop! 古今東西南北、ポップカルチャー最前線。"Rooftop"!古今東西南北、ポップカルチャー最前線。鮮度の高いニュースを毎日更新、キレとコクのあるインタビュー&コラム満載!

ウェブサイト: https://rooftop.cc/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧