舐めてスマホに差し込むだけで病気診断できるチップ、米大学が開発。コロナウイルスも

access_time create folderデジタル・IT

医師による感染症の診断をスピードアップする装置が、米国シンシナティ大学の研究者によって開発された。マラリアやHIVなどのほか、コロナウイルスの診断もできるという。

・唾液をセンサーで分析

その装置は、ガムほどの大きさの使い捨てプラスチックチップと、クレジットカード大のアダプターがセットになったもの。使用者はまず、プラスチックチップを口に含み、唾液を染み込ませる。

すると、チップにある細い管に毛細管現象で唾液が入り込み、中に仕込まれた複数の検出抗体や発光素材と混ぜ合わされる。

このチップをアダプターに差し込み、そのアダプターをさらにスマートフォンに差し込むと、アダプター内の3つの光学センサーが作動。検出抗体の発光の様子を読み取ってデータ化し、スマートフォン経由で医師のもとに送信する。

同大学のニュースリリースによれば、こういった検査を専門機関で受けた場合、結果が出るまでに数時間から数日かかるが、この装置からデータを受け取った医師は、すぐにも陰性/陽性を判断できるとのこと。

・コロナウイルスも

開発チームは最近、マラリア患者を対象にしてこの装置をテストし、結果を学術誌「 Microsystems & Nanoengineering」に発表した。

他の感染症についてのテストはこれからだが、チームリーダーであるChong Ahn教授によれば、コロナウイルスにも有効だとのこと。ニュースリリースの中でこう言っている。

スマートフォンは誰もが——30億の人が、持っています。それを、コロナウイルスのような伝染病の検査にどう活かせるでしょうか? その答えが、「家庭で迅速に診断できるツール」なのです。現状では、患者に症状が出ていても、ラボの検査結果が出るまでに数時間、長ければ数日かかります。その間に感染が広がってしまうのです。

University of Cincinnati

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧