ニコン、ニコンFX フォーマットデジタル一眼レフカメラ『ニコン D6』を発表

access_time create folderデジタル・IT
ニコン、ニコンFX フォーマットデジタル一眼レフカメラ『ニコン D6』を発表

株式会社ニコンは、スポーツ・報道系のプロフェッショナルフォトグラファーのニーズに応えるフラッグシップモデル、ニコンFX フォーマットデジタル一眼レフカメラ『ニコン D6』を3月に発売する。価格はオープンで市場想定価格は79万8,000円(税込)。
『ニコン D6』は、AF 性能が前機種の「ニコン D5」(2016 年 3 月発売)から大きく向上し、ニコン史上最強の AF 性能 を実現。フォーカスポイントには全点クロスタイプかつ選択可能な高密度 105 点 AF システムを新たに採用。AF センサー密度は約 1.6 倍、選択可能なクロスタイプセンサーの点数は 3 倍と大幅に増え、高い合焦性 能を発揮する。「D5」で好評だった「グループエリア AF」もさらに進化し、被写体の動きや撮影シーンに応じて 17 種類の AF エリアパターンからカスタム設定ができるようになり、構図やシャッターチャンスにより集中して撮影ができる。
さらに、新開発のAF専用エンジンにより、約14コマ/秒の高速連続撮影でも全点同時測距を実現し、被写体への AF追従性能が向上。また、新アルゴリズムの採用により、被写体にフォーカスを合わせ続ける性能を強化し、被写体の前を横切る障害物にも惑わされることなく、狙った被写体の狙った位置にピントをより確実に合わせるとしている。
プロフェッショナルの現場で求められる撮影後のワークフローの高速化も実現。背面モニター上のフリック操作で最も重要な画像を割り込み送信できる機能や、編集用と送信用にサイズや画質設定の異なる JPEG 画像を記録できる機能などを新たに追加し、決定的なシーンを捉えた画像を送信できる。さらに、有線は「D5」と同じ 1000 BASE-T 標準規格を継承しながらも、約15%の転送速度向上を実現。また、Wi-Fiも搭載し、有線・無線ともに幅広いニーズに応じた通信が可能。加えて、GPS などの測位衛星システムに対応した機能を内蔵しており、撮影時の正確な時刻や位置情報を取得できる。
「D5」の操作性・ホールディング性はそのままに、使い勝手もさらに向上。コネクター配置の見直しやボタンイルミネーション時の液晶表示の視認性を高めるなど、プロの撮影をサポートする使いやすさを追求。 さらに、厳しい環境下でも安心して撮影ができる堅牢性、耐久性や防塵・防滴性能に加え、セキュリティーワイヤーを接続できるケンジントンロックにも対応し、リモート撮影時などの盗難を防ぐ。
動画記録は4K UHDに対応している。本体サイズはW160×H163×D92mm、重さは約1450g(バッテリー、メモリーカード含む)。
 
 

主な動画撮影の特長

4K UHD(3840×2160)動画対応

解像感の高い4K UHD(3840×2160):30p/25p/24p映像を、カメラボディー内のメモリーカードに記録できる。フルHD映像同様、非圧縮映像をHDMI出力し、外部モニターへの表示、外部レコーダーへの同時記録も可能。また、動画編集で「選択フレームの保存」が可能。4K UHDで記録した映像からも必要な箇所を画素数約8メガピクセルのJPEG画像として切り出せるので、決定的瞬間をより確実に記録する手法としても活用できる。
・4K UHD動画×ドットバイドット読み出し×EXPEED 6
撮像素子上で使用する画素数と動画の記録画素数が同じドットバイドット情報読み出しは、撮影後の処理が少なく、ディテールに富んだ極めて解像感の高い映像が得られる。これにEXPEED 6が高度な映像生成処理を行い、極めて高い映像品質を実現している。
・4K UHD動画×高感度性能
4K UHD動画も、ISO 100から最高常用感度ISO 102400、さらに増感Hi5(ISO 3280000相当)の高感度まで対応。高感度域でも高い映像品質を実現する優れた高感度性能が、高解像度の4K UHDを光量の制約から解放。4K UHDの撮影領域を拡大する。
 

撮像範囲(画角)を選べるマルチエリアDムービー

D6は4つの撮像範囲があり「FXベースの動画フォーマット(動画撮像範囲)」は、大きな撮像素子を活かして美しいボケ味を重視した表現が可能。「DXベースの動画フォーマット(動画撮像範囲)」と4K UHD動画用の「3840×2160」は、「FXベースの動画フォーマット(動画撮像範囲)」時の焦点距離の約1.5倍、「1920×1080クロップ」は同約3倍に相当する画角となり、被写体をより大きく引き寄せた、迫力のある映像表現ができる。撮像範囲を使い分けることで、NIKKORレンズの豊富なラインナップと連携し、最小限のレンズで手軽に、より自由で幅広い映像表現が可能。


 

手持ち撮影に有効な動画撮影時の電子手ブレ補正機能(フルHD、HD時)

フルHDまたはHD動画撮影時には、電子手ブレ補正機能で手ブレの影響を軽減できる。三脚等を設置できない場所での撮影や、三脚等を設置する時間がないとっさの動画撮影などに便利。NIKKORレンズの光学手ブレ補正機能(VR)と併用することで、より効果的にブレを軽減できる。
 
◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d6/features01.html
株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

ニコン、デジタル一眼レフカメラ『ニコンD6』と望遠ズームレンズ 『AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR』の開発を発表
パナソニック、10bit 4K/60p内部記録対応のビデオカメラ2モデルを3月19日に発売
春日太一×奥山和由×武正晴の刊行記念トークイベントが3月6日(金)、本屋 B&Bで開催

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
ビデオSALON

ビデオSALON

ビデオSALON.webは、月刊「ビデオSALON」がお届けする映像制作のための情報マガジンです。 映像制作に関連する、最新情報、機材ニュース、レポートなどをイチ早くご紹介します!

ウェブサイト: https://videosalon.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧