Apple Watchに指紋認証センサーを付ける特許、アップルが申請

access_time create folderデジタル・IT
Apple Watchに指紋認証センサーを付ける特許、アップルが申請

Apple Watchでは、Apple Payを使って支払いする際のユーザー認証方法の1つとして、ユーザーにパスコードを1回入力する必要があります。
必ずしもユーザー認証において最も安全な方法ではありませんが、一定の効果はあります。しかし、指紋スキャンのようなバイオメトリックセキュリティの方が安心できるのであれば、運が良いかもしれません。最近発見された特許によると、AppleがApple WatchのデジタルクラウンにTouch IDセンサーを組み込むアイデアを検討していることが判明したためです。
つまり、ユーザーは指でデジタルクラウンに触れるだけで、指紋認証されることになります。これは、Apple Watchを使って支払いをしたり、車のドアを開けたりするときに便利です。しかし、9to5Macが指摘しているように、この特許が出願されたのは2018年で、ほぼ2年前のことです。
この時間が経過したということは、Appleが指紋認証を追求する気がないということなのか、それともまだ興味はあるが何も発表していないということなのかはわかりません。もちろん、まだあまり期待しない方がいいだろうが、それまでの間、Appleがデジタルクラウンの改良に関心を持っていることを示唆する特許がいくつかあったが、正確にいつそれが行われるかは誰にもわからない。
この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

Huawei、5Gチップスマホを来年発売
Netflixがウェブサイトからユーザーレビューを削除
Huawei、5倍光学ズーム可能なスマホ「P30シリーズ」を3月26日に発表へ

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧