日本書紀編纂1300年の今こそ鑑賞したい!神に捧げる日本遺産「石見神楽」が迫力満点【島根県】

access_time create folder生活・趣味
石見神楽

出雲大社の幽世界に舞う石見神楽

石見神楽 展示
「日本書紀」の国譲り神話によると、出雲大社(島根県)に鎮座するオオクニヌシが、神々や祭祀の世界を司り、大和(奈良県)の地で天皇が政治の世界を司り、「幽」と「顕」の世界として象徴されてきたそうです。その「幽」の世界に伝わる日本神話を題材に、お祭のたびに奉納されているのが「石見神楽」です。心の琴線にふれる独特の笛の音と、活気ある太鼓囃子を奏で、豪華絢爛な衣裳と表情豊かな面を身につけて舞います。

石見神楽パンフレット
政府から神職の演舞が禁止され、神楽は神職から氏子(民間)に受け継がれる中、神楽改正の影響を受けた「八調子」と受けなかった「六調子」に分かれたそうです。スピード感があり、現在多くの団体に受け継がれているのは「八調子神楽」で、農作業での動作が「型」となり、腰を落とし、ゆっくりと舞う神楽の原型なのが「六調子神楽」だとか。

さらに、手織り感ある眩い衣裳、張り子技術を活用した神楽面、大蛇の胴には伝統工芸の「石州和紙」が使われていて、神楽全体が文化・産業においても大変貴重なものとなっています。

130以上の団体が継承する神へ奉納する舞

石見神楽 須佐之男命と稲田姫
神様をお迎えする「儀式舞」や、古事記や日本書紀を題材にした物語性ある舞「能舞」など30演目以上があり、火や煙を吹くリアルな演出も。また、善を勧め悪を懲らしめるといった分かりやすい物語が特徴的です。

石見神楽 大蛇
今回の「出雲と大和」の公演は、日本神話「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」が題材でした。出雲の国にある斐の川に降り立った須佐之男命(スサノオノミコト)が大蛇にさらわれた稲田姫(イナダヒメ)を救うため、大蛇に酒を飲ませ退治し、姫を救い出すという、日本人に馴染みある神話です。

石見神楽 大蛇
本来は約2時間の公演を30分に凝縮して、次から次へと迫真の舞が繰り広げられました。想像以上に見事にうごめく蛇腹の大蛇、指先まで柔らかな姫の舞、勇壮な須佐之男命の姿を鑑賞。

石見神楽 大蛇
笛太鼓のお囃子により、さらに躍動感が増し、観客は圧倒されて、息をする暇もありません。

石見神楽 演者のみなさま
公演の最後、登壇された皆さんの熱い鼓動が伝わり、満席の客席からは拍手が鳴り止みませんでした。

「神楽が自分の人生そのもの」石見に生きる人々が受け継ぐ神の世界

石見神楽 大蛇
神楽を舞う父の姿を見て育ち、 代々親子で神楽を舞う家庭、それを支える地域の人々。「石見神楽」は、石見に生きる人々の日々の営みの一部となり脈々と受け継がれ、2019年5月には日本遺産に登録されました。現在、年間を通じて石見各地で観ることができ、2020年8月25日には東京・国立劇場での上演も控えています。

石見神楽 大蛇
日本書紀編纂1300年を機に、神の創りし日本の始まりのお話を鑑賞し、日本人のルーツに触れてみるのもいいでしょう。

※2020年1月の情報です。予めご了承ください。
なつかしの国石見/島根県西部公式観光サイト
HP:https://www.all-iwami.com/kagura/index.html

[All photos by kurisencho]
日本書紀編纂1300年の今こそ鑑賞したい!神に捧げる日本遺産「石見神楽」が迫力満点【島根県】

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧