【編集長コラム】「松永ファミリーが築き上げた女子プロレス界」

access_time create folderエンタメ

日本の女子プロレス界を築き上げた松永ファミリーの松永健司さんが84歳で亡くなった。健司さん始め、松永4兄弟ら一家で、1968年に旗揚げした全日本女子プロレスを切り盛りしていた。

※マキ上田㊧とジャッキー佐藤のビューティ・ペア=ジグザグジギー・宮澤聡氏所蔵のプロレスカード
全日本女子プロレスは2005年に解散するまでに、マッハ文朱さんを手始めに、ビューティ・ペア、クラッシュ・ギャルズらアイドルレスラーを次々とリングに送り出した。37年の歴史の中で、何度も女子プロレスブームを巻き起こした。
ビューティ・ペアが人気を集めた1970年代後半の全日本女子プロレスに身を置いた人から、松永ファミリーの凄さを聞いたことがある。
オーディションに集まる何千人というプロレスラー志望の女子から、金の卵を選び出し、東京・目黒にあった道場&合宿所で育て上げる。「先輩の話は聞け。後輩の面倒は見ろ。同期とは仲良くするな」と、まずは教えられた。
同期は近いうちにライバルとなる。迫力ある試合を展開するには、ケンカするぐらいの方がいいのだ。
道場の上が合宿所だったが、お米は支給されても、おかずが用意されないこともあった。差し入れの肉などがあれば豪華な食事だが、マヨネーズやタバスコをかけて食べる日も、時にはあったようだ。そんな時はツナ缶が助けになった。
「ご馳走が食べたいなら、強くなれ、スターになれ」という教えだった。日々、ハングリー精神を養い、とことんプロ根性を叩き込まれた。
とにかく新弟子を甘やかさない。夢の途中で消えていった者もいた。残ったガッツのある女子たちの適性を見抜き「女子ファンを呼ぶ選手になれ」「男性ファンをひきつけろ」「悪い奴になれ」「歌って踊れるレスラーを目指せ」などと、明確な指針を示したという。
もちろん厳しいだけではない。25歳定年制を掲げたのは「適齢期にお嫁に行けるように」という親心からだった。10代の女の子を預かるのだから「東京の親」である。
「どんぶり経営」と揶揄されもしたが、それは豪快さの裏返し。「だらしない」との批判は、おおらかさのあかし。「計画性がない」のは、ひらめきを大切にしたからだ。
選手たちにも短い選手生活で完全燃焼できるように「今を大切にする」ことを徹底させていた。
経営者というより「興行師」だった松永ファミリー。アメリカもメキシコもプロレスはファミリービジネスで発展させてきた。
今でも多くの全女OGが女子プロレス界を支えている。ハートも体もとことん鍛え上げられているのだから、強く後進の育成にも長けている。松永ファミリーの教えは、しっかりと根付いているのだ。
日本の女子プロレスを一大エンターテインメントに育て上げた松永ファミリーの功績は、永遠に色あせない。

※ライオネス飛鳥㊧と長与千種のクラッシュ・ギャルズ

関連記事リンク(外部サイト)

【大日本】2.24(月祝)『大阪サプライズ48~千年の轍2020』全対戦カード決定
【WAVE】2.23(日)新木場大会『Sunday WAVE vol.37』でHIRO’e vs 彩羽匠が決定!
【全日本】2.11 後楽園「2020 EXCITE SERIES 開幕戦」全試合結果 宮原が三冠戦V10!ジェイク・岩本がアジアタッグ防衛!横須賀ススムが世界Jr.を防衛!暴走大巨人が世界タッグ防衛

access_time create folderエンタメ
local_offer
プロレスTODAY

プロレスTODAY

プロレスがもっと好きになる、楽しめるプロレスニュースメディア! プロレス解説者の柴田惣一が編集長としてファンの皆様にプロレス情報をお届けします! 独自ロングインタビューでレスラーの素顔が見える! 注目のカードは連続写真でお届け!

ウェブサイト: https://proresu-today.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧