BURNOUT SYNDROMES チャレンジングな新曲『PHOENIX』に封じ込めた想いとは?

access_time create folder生活・趣味
BURNOUT SYNDROMES チャレンジングな新曲『PHOENIX』に封じ込めた想いとは?

大阪発、青春文學ロックバンド、BURNOUT SYNDROMES(以下BUNROUT)がTVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』のオープニングテーマ『PHOENIX』をシングルとしてリリース。『ハイキュー!!』はこれまで『FLY HIGH!!』『ヒカリアレ』と同作のオープニングテーマを手掛け、思い入れのあるとても大事な作品です。3曲目となる今回、楽曲に込めた思いを、熊谷和海(Vo./Gt.)さん、石川大裕(Ba./Cho.)さん、廣瀬拓哉(Dr./Cho.)さんに伺いました。

今までの得意技で勝負していたら、選ばれてなかったかも

―― 3期連続でTVアニメ『ハイキュー‼』のオープングテーマを担当するのは、BURNOUT SYNDROMESが初めてだそうですね。
熊谷:はい、ありがたいですね。それだけに『ハイキュー!!』への愛を問われると言うか、今回の『PHOENIX』で、『ハイキュー!!』ファンの皆さんにちゃんと応えられるかによって、「やっぱりBURNOUT良いな」になるのかどうかの分かれ道だと思うんです。だから、いつも以上に気合を入れて、「僕が考える最高のオープニングテーマを聞いてください!」という気持ちで作りました。
―― 具体的には、どんな曲にしようと考えたのですか?
熊谷:今回の『ハイキュー!! TO THE TOP』は、今までの強キャラたちが勢揃いして、まだ見ぬ強敵に立ち向かうために一緒に強くなっていくという、言ってみれば、修行編なんですよ。それってこれまでの『ハイキュー!!』の歴史が問われる気がしていて。だから、この一戦に賭ける曲と言うよりも『ハイキュー!!』そのものみたいな曲のほうがいいと考えて、それを《鳥肌》というワードに託しました。その言葉を耳にしたとき、「そうだ! その通りだ!」ってみんなに共感してもらえたら、この曲は成功だと思うんです。「(主人公が)烏野高校だから鳥に掛けてるんでしょ? 分かる!」と言ってもらえたらうれしいなと思いながら、《鳥肌が止まらない》というサビの1行目を書きました。

―― 《鳥肌が止まらない》という言葉が、熊谷さんが考える『ハイキュー!!』だ、と。
熊谷:そうですね。『ハイキュー!!』以外の作品だったら、この言葉は使えなかった。鳥が作品のテーマになっているんです。だから、僕らのデビュー・シングル『FLY HIGH!!』(『ハイキュー!!セカンドシーズン』第2クールオープニングテーマ)も鳥をテーマにしているんです。そんなふうに鳥をフィーチャーすることが、『ハイキュー!!』の1つの色だと思うので、そういう意味でも、《鳥肌が止まらない》はぴったりだと思っています。
廣瀬:(原作のマンガを)読んでいると、1冊の中に何回も鳥肌が立つ瞬間があるんですよ。だから、『ハイキュー!!』のファンなら、「分かる!」って共感できると言うか、シンクロできる歌詞だと思います。

石川:他の曲で聞いたことがないですからね。《鳥肌が止まらない》なんて。そこがかっこいいし、歌いたくなるし。

―― パーティー感もテーマだったそうですね?
熊谷:今回の修行編は、青春群像劇だと思うんですよ。誰か1人、主人公がいるわけではない青春群像劇ってパーティー感があるじゃないですか。今回、これまで出てきたいろいろなキャラにスポットライトが当たっていて、今までの主人公フィーチャリングから一転、群像劇になった瞬間を、オープニングテーマでも合わせてあげたかったんです。それで、前の2曲(『FLY HIGH!!』『ヒカリアレ』)の速い8ビートから、若干EDMの要素も入れつつの4つ打ちのリズムに変えて、作品の魅力をブーストさせようと考えたんです。

―― 『PHOENIX』は、前の2曲と同路線のアンセミックなロック・ナンバーではあるのですが、おっしゃったようにヨコノリの16ビートというところが新機軸に感じます。
熊谷:今まで、僕らにはなかったリズム感ですよね。そういうチャレンジの姿勢も、『ハイキュー!!』という作品にはぴったりだと思いました。もしかしたら、今までの得意技で勝負していたら、選ばれていなかったかもしれないですね。

歌詞は気づいたら格言パーティーに(笑)

―― リズム隊が担う部分も大きかったのでは?
石川:歌詞に《心臓》という言葉が出てくるんですけど、心臓がバクバクしているイメージで演奏しました。試合が終わってもまだ高鳴っている鼓動を表現したかったんです。

―― 確かにベースラインは脈打っているように聞こえますね。
廣瀬:16ビートでありつつ、4つ打ちの要素も入っているところが面白いと思います。いろいろなビートがある中で、このビートってなかなか珍しいから、これからはやるんじゃないかな(笑)。難しいだけじゃなくて、ちゃんとノレるってところがポイントなんです。はやってほしいなぁ(笑)。

―― 歌詞はこれまで同様、原作の世界観に寄り添いながらも、原作を知らなかったり、バレーボールをやっていなかったりしても、高校生を含め多くの人の胸に響くフレーズが多いですね。
熊谷:そこは僕が曲を書く上で、絶対外したくないところ。もっと広い意味で、戦っている人って結構多いんじゃないかな。勉強ももちろんですけど、そういう人たちが全員聞いて、「がんばろう」と思えるような曲っていうのが正しい在り方だと思うし、それがアニメのテーマに沿っているっていうのがベストなのかな。どっちの人が聞いてもすごく心に来るようなものを作ろうと思いました。

―― 歌詞は苦労せずに書けましたか?
熊谷:そうですね。そんなに困らなかったかな。気づいたら格言パーティーみたいになっていましたけど(笑)。《傷を怖れ 羽撃かぬ人生なんて 剥製と変わらない》とか、《勝利の味は楽勝より 悪戦苦闘の末が美味》とか。歌詞を書きながら、前後がつながっていなくても、歌だから2行ぐらいずつ置いていけば、つながって聞こえるということが分かったので、これまでみたいにストーリー仕立てにしたり、時系列につなげたりしなくてもいいと思いました。逆に、そうしちゃうと、パーティー感は薄れるんですよね。集中して聞かなきゃいけないから。
でも、今回はどこを聞いても2行で入ってくる。つながっているようでつながっていない。でも、その2行だけでちょっと熱くなるっていうのが、テンポよく重なっていって、サビでドーンと来る。サビだけ聞いても成立するっていうのは、ポップスの発想ですよね。そういう意味では、これまでとは歌詞もちょっとベクトルが違うんです。そこもチャレンジでした。

――そんな『PHOENIX』と、ファンク・ロックの『BREAK DANCER』というカップリングは、ヨコノリのリズムを追求するという裏テーマもあったんじゃないかと想像させますが。
熊谷:確かに、ちょっと趣味がヨコノリになってきているかもしれないです。10代の頃は、BPM180のアップテンポの曲が好きで、そういう曲しか書きたくないくらいに思っていましたけど、最近は140ぐらいのテンポがかっこいい。逆に180の曲は、いつでも書けるんです。だから、やったことがない引き出しを作ってみたいと思って、『BREAK DANCER』は実験するつもりで作りました。
石川:新しいことをやるのは、やっぱり楽しいですね。早くライブでやりたいです。
廣瀬:お客さんの反応が楽しみですね。曲名から、どんな曲を想像してくれているのかな。そんなことを考えながら、初披露できる日を楽しみにしています。

『ハイキュー!!』への思いとともに新たなチャレンジがバンドを成長、前進させると3人が考えていることが伝わってきました。結成15周年を迎える2020年、アニメ・コンセプト・ベストアルバム『BURNOUT SYNDROMEZ』を3月25日にリリースすることをはじめ、BURNOUT SYNDROMESの3人はファンを含め、多くの人に楽しんでもらえる企画をいろいろ考えているそう。彼らに興味を持ったという人は、ライブを含めた彼らの活動をぜひチェックしてみてください。

【リリース情報】
5th shingle『PHOENIX』

2020.2.12 ON SALE
TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』オープニングテーマ
▶CD&ダウンロード&ストリーミングはこちら:https://erj.lnk.to/ZNlzu
▶ミュージックビデオはこちら:https://youtu.be/b5lsuPxMFmw
(初回生産限定盤/通常版/初回生産限定アニメ盤)
https://burnoutsyndromes.com/

アニメ・コンセプト・ベストアルバム
『BURNOUT SYNDROMEZ』
2020.3.25 ON SALE
『PHOENIX』ジャケット『PHOENIX』ジャケット

【profile】
まだメンバーが中学生だった2005年に結成。2016年3月、シングル『FLY HIGH!!』でメジャー・デビュー。青春文學ロックバンドと掲げているように日本語の響き、美しさを大切にした文学的な歌詞や、いわゆるギター・ロックの枠に収まりきらないプログレッシブなサウンドがライブハウス・シーンで異彩を放っている。結成15周年を迎える2020年は、さらなる飛躍を目指す。
『BURNOUT SYNDROMEZ』通常盤ジャケット『BURNOUT SYNDROMEZ』通常盤ジャケット

関連記事リンク(外部サイト)

「勉強はゲーム感覚」BURNOUT SYNDROMESが語る独自の勉強方法
「俺は俺」キュウソネコカミが自身の経験から贈る、高校生へのメッセージ
『ずっとライブをしていたい』SUPER BEAVERが抱くライブへの思い

access_time create folder生活・趣味
local_offer
進路のミカタ

進路のミカタ

進路のミカタは高校生の「進学の先」を見据えた進路選択を応援するサイトです。学問・仕事情報やニュースなど、進路を考える高校生に役立つコンテンツを配信しています。

ウェブサイト: https://mikata.shingaku.mynavi.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧