Microsoft Officeで「XLOOKUP」関数の一般利用が可能に! 値の取得が手っ取り早い

access_time create folderデジタル・IT
Microsoftが新関数「XLOOKUP」の公開をアナウンスしている。すでにOffice Insidersでは昨年公開済みの同関数が、WindowsやMac、Web版のOfficeなんかでも利用できるようになった。

Excelで関数を使う方なら必須のVLOOKUP。列を検索するこの関数に、行を検索するHLOOKUPを合わせた機能を持つのがXLOOKUPとなる。2つの関数を代用できるだけではあまり魅力を感じないが、XLOOKUPはさらに便利な使い方ができそうだ。

・検索範囲の自由度が高い

XLOOKUPの基本的な使い方は、検索対象のセル、あるいは文字列や数字を指定し、行か列で検索範囲を設定。一致したときに返す値の参照範囲を設定する。ご希望ならその後ろに3つの引数(検索値とマッチするものがない場合の処理、完全一致か部分一致か、先頭から検索するか末尾から検索するか)などを設定できる。

例えば、一覧表のうちの商品名を指定し、対応モールの価格を取得することはVLOOKUPでも可能だが、XLOOKUPなら検索範囲に先頭の列以外も指定できるので、価格から商品名を取得するといったことも可能になる。

同じことが水平方向でもできることから、検索の自由度が高く目的にたどりつくまでが早そうだ。

・列ごと取得できる

XLOOKUPの便利さはこれだけにはとどまらない。VLOOKUPやHLOOKUPが取得したい値の行や列のインデックスを指定するのに対し、XLOOKUPでは参照範囲を指定するところがミソ。つまりXLOOKUPでは、参照範囲の行や列が丸ごと取得できるわけだ。

例えば商品名を指定して、価格一覧を取得するといったことが可能になる。以前までは複数のセルの値を取得するには、オートフィルなどで値を入れるセル1つ1つに関数をコピーしておく必要があった。

もちろんSORTなどほかの関数と組み合わせて出力を整形することも可能で、ぜひ使いこなせるようになっておきたい関数だ。ちなみに、MATCHで同じように検索範囲がより自由になった「XMATCH」(行や列のインデックスを取得する)関数も利用可能になっている。

参照元:Find what you need faster with XLOOKUP—now generally available/ Microsoft

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧