近い将来AIが踏切事故を防ぐ。小田急、人工知能を用いた踏切異常検知実験

access_time create folderデジタル・IT
近い将来AIが踏切事故を防ぐ。小田急、人工知能を用いた踏切異常検知実験

小田急電鉄株式会社は、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社の「カメラ映像とAIによる異常状態検知システム(スペースタイムシーンアナリティクス)」を用いた、踏切内の安全性向上を目的とした実証実験を2020年2月14日(金)から3月まで東京都町田市にある小田急町田駅北側の「玉川学園前8号踏切」で実施します。
この実証実験では、踏切監視カメラの映像を「スペースタイムシーンアナリティクス」を活用してAIによる解析を行います。解析される様々な情報は、踏切内での異常状態検知の強化に役立ち、将来的には付近を走行する列車を自動で停止させるなど踏切内事故を未然に防止できる環境を構築することが可能になるといいます。
なお、実証実験に選ばれた「玉川学園前8号踏切」は、小田急町田駅と隣接しており、開かずの踏切として地元で有名な場所です。また、駅出口の近くということもあり、踏切を待つ車両や沢山の人々、そして危険な無謀横断などが目立っています。
 
Source: 小田急電鉄

関連記事リンク(外部サイト)

ドコモ、北米のドローンメーカーと協業に向けた合意
宇宙望遠鏡データの解析にAIを。将来は宇宙船組み込みも視野に
宇宙へ行った初のフランス時計ブランドYEMAの新モデル「スペースグラフ Zero-G」発表

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧