二人合わさるとちょうどいいバランスに。こまりか・中本羽鞠さん【MixContest出場者インタビュー】

access_time create folder生活・趣味
二人合わさるとちょうどいいバランスに。こまりか・中本羽鞠さん【MixContest出場者インタビュー】

皆さんは、夢や目標を持っていますか? 「MixContest」は、夢や目標に向かって頑張る、日本一素敵な高校生を選ぶコンテスト。3月のファイナル本選審査イベントへの出場、そしてグランプリを目指し、出場者たちは日々配信を行っています。
そんな数多くの出場者の中から、今回は「こまりか」の中本羽鞠(こまり)さんにインタビュー。出場者でありながら、コンテストを運営する高校生団体Uptoyou.のメンバーでもある彼女に、活動内容や今後の目標などを伺いました。

ミクコン出場のきっかけは「勘違い」⁉

―― MixContestに出場したきっかけは何ですか?
Uptoyou.からのスカウトがきっかけです。9月くらいにSNSのDMでスカウトされたんですが、初めはスタッフの募集だと勘違いしていたんです。もともと高校生団体というものに興味があったので、やりますと返事をしたら、実はコンテスト出場者側のスカウトだったみたいで(笑)。その流れで参加することになりました。
Uptoyou.の運営として所属したのは、その1週間後くらいです。MixContestのスカウトとは全く関係ない私の友達が、知り合いからパーティーに誘われたというので一緒に行きました。何のパーティーか知らなかったのですが、偶然それがUptoyou.だったんです。世界って狭いなと思いました(笑)。

―― 活動内容について教えてください。
「こまりか」という2人組で、歌を歌ったりしています。MixContest本選のステージで2人でハモリながら歌うことを目標にして、日々練習しています。
Uptoyou.では広報として取材を受けたり、イベントスタッフの活動をしたりしています。

―― 二人で活動するようになったきっかけは何ですか?
私は昔、少しだけ芸能活動をしていたこともあり、ライブをしたいという気持ちがありました。もう一人は歌が本当に大好きで、将来は音楽業界のお仕事に就きたいみたいなんです。MixContestはたくさんの企業さんが見てくださるのでチャンスだと思って、私が一緒に参加しようと誘いました。
彼女とは同じ学校で仲が良かったんですが、彼女が転校してしまって。学校が離れてからは当分会っていなかったんです。MixContestに出場することが、二人で会えるきっかけにもなるし、二人で遊ぶときはいつもカラオケをしているほど歌が好きなので、興味があるかなと思って誘いました。

自分ルールを決めて、勉強と配信を両立!

―― 日々の配信で気を付けていることはありますか?
コメントの量に合わせて、話す内容や濃さを変えています。昔やっていた芸能活動で少しだけファンの方がいて、結構配信も見に来てくださるんですが、その時に身内のノリにならないように気を付けています。初めて来た人も楽しんでもらえるように内容を考えています。
あとは、なるべく制服で配信することと、時間は仕事や学校が終わって落ち着いたかなと思う夜8時、9時くらいから初めて、10時頃に終わらせるように意識しています。

―― 2時間も配信しているんですか?
はい、そういうことも結構あります。配信しているとしゃべるのが止まらなくなっちゃって(笑)。大体いつも30分~1時間くらいで終わろうと思ってはいるんですが、すごく長い間話してしまいます(笑)。

―― 頑張れるモチベーションは何ですか?
私にはやりたいことがたくさんあるんですが、それをしていく中で一番大事なのは何か考えたときに「影響力のある人間でいること」なんじゃないかなと思いました。そのため芸能活動を辞めた後もSNSは続け、自分の武器として持ち続けています。だから今後もフォロワーを増やしていきたくて、自分から発信していこうと頑張っています。

―― 学業との両立で工夫していることはありますか?
同世代の学生の方も配信を見てくださっているので、配信中に一緒に勉強をすることがあります。例えば日本史だったら、教科書を読みながら「〇〇が△△したんだってー」と言って勉強したりします。
テスト前は、時間ではなくて分量のノルマを決めて勉強しています。「配信する予定の時間までに終わらなかったらタピオカ飲まない」とか、できない自分にペナルティを課します(笑)。

こまりかのお二人こまりかのお二人

音楽の力でみんなの夢を応援したい

―― 「こまりか」の長所・アピールポイントは?
もう一人がシャイで引っ込み思案だけどすごく歌がうまくて、私は割と目立ちたがり屋で人前に立つことが好き。よく言うと度胸があります。なので、二人合わさるとちょうどいいバランスなのかなと思います。

―― 今後の目標・夢を教えてください。
大学4年生までは歌を頑張りたいと思っています。夢は、自分で全部プロデュースすること。例えば衣装などの外見的なところから、ステージのセット、もちろん歌やMVも全部自分でやりたいです。カメラが好きなので、そこも生かしながらオールマイティにこなせる人間になりたいです。
今はあいみょんさんの曲や映画主題歌など、別のアーティストさんのカバーを歌っているんですが、たまに自分で作曲することもあります。でもいつも途中でつまずいてしまってうまく完成できていないので、これからたくさん練習していくつもりです。
その一方で、芸能活動や高校生団体に所属したことなどで、高校時代までにたくさんの人と関わっていくことができているはずなので、心理カウンセラーなどの職業にも興味があります。お金をあまりとらずに、慈善活動のような形で何かやっていければいいなと思っています。

―― 中本さんが伝えたいこと、自己PRをお願いします!
MixContestで私たちが伝えたいのは、「音楽の力ってすごい」ということです。音楽は、言葉ができるもっと前からあったそうです。そういうことを知ると、音楽って絶対生活に必要だと思うし、私たちは音楽でみんなの夢を応援したいです。
それ以外では、私は自分たちが一番輝ける年代は今だと感じるので、同世代の方も自分たちから影響を受けて、何か行動したいと思ってくださるとうれしいです!

さまざまな興味の中から、今回は歌で目標をかなえたいと語った中本さん。お話からも、お互いの性格を補い合い、特技を伸ばすという二人組ならではの強さを感じました。ファイナル本選審査イベントで、二人の息の合ったハーモニーを聞きたいですね。
MixContestの予選審査は、2月16日(日)まで。まだ投票していない人は、急いでくださいね!

【profile】中本羽鞠(2年)
▼「こまりか」さん投票ページ
https://www.mixcontest.jp/entrants2019/101/
▼MixChannel
https://mixch.tv/u/14407092
▼Twitter
https://twitter.com/komayoo

【取材協力】
▼Uptoyou.
https://www.uptoyou-official.com/
▼MixContest
https://www.mixcontest.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

日本一素敵な高校生を決定するコンテストって? 【Uptoyou.】代表・畠中くんインタビュー
両立のコツは「授業に集中」! 【Uptoyou.】幹部スタッフ・菅原さんにインタビュー

access_time create folder生活・趣味
local_offer
進路のミカタ

進路のミカタ

進路のミカタは高校生の「進学の先」を見据えた進路選択を応援するサイトです。学問・仕事情報やニュースなど、進路を考える高校生に役立つコンテンツを配信しています。

ウェブサイト: https://mikata.shingaku.mynavi.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧