レイシストとして生きてきた若者の苦悩と贖罪を描く、衝撃の実話『SKIN / スキン』が5月9日(土)より新宿シネマカリテにて公開決定

access_time create folderエンタメ
レイシストとして生きてきた若者の苦悩と贖罪を描く、衝撃の実話『SKIN / スキン』が5月9日(土)より新宿シネマカリテにて公開決定

2019年アカデミー賞で短編映画賞を受賞した短編をもとに制作された長編映画、『SKIN / スキン』が5月9日(土)より新宿シネマカリテにて公開されることが決定した。
本作は、白人至上主義者として生きてきたレイシストが過去と決別し、生まれ変わろうとした衝撃の実話の映画化。
企画スタート当初、本作製作のために奔走したイスラエル出身の新鋭、ガイ・ナティーヴ監督はなかなか出資の賛同を得られず、出資を募る目的で異なる物語、テーマは同じで先に短編を制作、その短編を観てもらうことで徐々に出資者を募ることができ、完成した作品だ。
その長編製作のためのツールとして作られた短編は、見事2019年アカデミー賞の短編作品賞を受賞。監督によれば、当初は企画の説明をしても誰もが「アメリカに白人至上主義の団体はない、それは過去の話だ」との反応を示していたそうだが、製作途中の2017年にトランプ大統領が誕生したことで状況は一変したという。
SKIN_sub_04.jpg本作『SKIN / スキン』は2003年に米国で発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者だったブライオン・ワイドナーが辿った2008年から2009年に実際に起こった出来事を描いている。
ガイ・ナティーヴ監督は、憎悪の円環から脱け出そうとする元レイシストのブライオンを主人公に、レイシズムの非道、人間の再生の軌跡、そして彼を支えようとする社会の寛容を鮮烈に描き出す。
SKIN_sub_08.jpgSKIN_sub_05.jpg白人至上主義の象徴ともいえる無数のタトゥー姿でブライオンを熱演したのは、『リトル・ダンサー』(2000年)や『ロケットマン』(2019年)で知られるジェイミー・ベル。
『リトル・ダンサー』で英国アカデミー賞主演男優賞を受賞したベルの驚愕の名演は絶賛されている。
SKIN_sub_07.jpgSKIN_sub_06.jpg日本でもヘイトスピーチが社会問題となり、世界各国でレイシズムの嵐が吹き荒れる昨今。
この映画は、レイシストとして育てられた一人の若者と、その周りの人々の交流を通して、どのようにこの問題を克服するかのヒントを教えてくれる。まさに今、世界全体の課題であるレイシズムという重いテーマを真正面から取り上げ、そこに希望の光を映し出す本作に期待したい。
SKIN_sub_09.jpgSKIN_sub_10.jpg【あらすじ】
スキンヘッドに差別主義者を象徴する無数のタトゥー。白人至上主義者に育てられ、憎悪と暴力に満ちた生活を送っていたブライオンは、シングルマザーのジュリーと出会い、これまでの自分の悪行を悔い、新たな人生を始めようと決意する。しかし脱会を許さないかつての同志たちから執拗な脅迫、暴力を受けることとなり、ジュリーたちにもその矛先は向き始める──。

関連記事リンク(外部サイト)

locofrank、現メンバーでのラストツアーの全詳細を公開!
フジファブリック 2マンツアー開催決定! 2月発売映像作品のエンドロールにサポーターの名前。
みうらじゅん、2007年発表の迷曲『男キッス』62歳の誕生日を記念して配信開始!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftop

Rooftop

LOFT PROJECT発、エンターテイメント・メディア Rooftop! 古今東西南北、ポップカルチャー最前線。"Rooftop"!古今東西南北、ポップカルチャー最前線。鮮度の高いニュースを毎日更新、キレとコクのあるインタビュー&コラム満載!

ウェブサイト: https://rooftop.cc/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧