【映画レビュー】障害者を世話する”出稼ぎ家政婦”の夢とは?/映画『淪落の人』2/1公開

access_time create folderエンタメ
【映画レビュー】障害者を世話する”出稼ぎ家政婦”の夢とは?/映画『淪落の人』2/1公開

半身不随となり人生に絶望した中年男性と、家族のために夢を諦めた出稼ぎ家政婦の交流を描いたヒューマン映画『淪落の人』

2019 年の本国公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録。去年、第14回大阪アジアン映画祭にて『みじめな人』のタイトルで上映された際には、観客賞を受賞した本作。主演のアンソニー・ウォンが約10年ぶりに来日した舞台挨拶付き特別先行上映は発売わずか4分で完売!! そんな話題の本作が、いよいよ2月1日から日本公開となります。

異種文化交流!!

事故で半身不随となったチョンウィン。物語は、フィリピン人の出稼ぎ家政婦エヴリンが住み込む所からスタート。前半こそ、異国の地で困惑するエブリン。広東語が話せない彼女にイラ立ちを募らせるチョンウィン。そんなギクシャク関係から、片言の英語で歩み寄る内、距離が近づいていく2人。普段は気難しいオヤジのチョンウェン。エヴリンと打ち解けていく内、妻とも離婚し、妹との関係も悪く、唯一の楽しみは離れてくらす息子とのSkype電話というバックボーンも判明。

一方、エヴリンも地元での結婚が上手くいかず、家族へ仕送りをする為、写真家になる夢を諦めていた事が発覚。その夢を叶えて欲しいと思うようになったチョンウェンは、ある計画を立てるのですが……。

先程もお伝えした通り、チョンウェン役はベテランのアンソニー・ウォン。しかし、相手役のエヴリンは、これといった有名な映画には出演経験のない若手女優なんです。

名優&若手女優のコンビ

何の希望も抱けないまま日々を過ごしていた主人公を、「インファナル・アフェア」シリーズなど香港を代表する名優アンソニー・ウォンが演じています。いつもは包丁で人をメッタ刺しにしたり、銃を撃ちまくる激シブ俳優のイメージがありますが、今回はヒューマンドラマ。ゴキブリにビビり、隠れてAVを見たり、サプライズプレゼントを用意してドギマギ。さすがの演技力でガンコ親父のユーモラスさや哀愁、人間臭さを見事に体現。思わず感情移入を誘発させます。本作で香港のアカデミー賞と言われる香港電影金像奨の主演男優賞を受賞(しかも三度目の受賞!!)。

もう一人の主人公である、フィリピン人の出稼ぎ家政婦を演じるのは、本作が初主演となるクリセル・コンサンジ 。映画出演経験はほとんどないそうですが、異国の地でカルチャーショックを受けながら奮闘する姿には思わず涙。所が本作、それだけではないのです。

物語の背景に隠された差別や偏見!!

文化も習慣も違う2人が衝突。それでも、お互い情が湧き、距離の縮まっていくハートフル展開。ときにコミカルに。ときにピリピリと。様々な苦楽を乗り越える姿にカタルシス。ついつい2人のハッピーエンドを望んでしまいます。

それでいて、香港の出稼ぎ家政婦の問題や市場での外国人差別、外国人家政婦と雇い主である障害者への偏見……など、物語の背景には現実の問題も見え隠れ。単純な障害者へのお涙頂戴映画になっていないのが、素晴らしいです。HiVi(ハイヴィ) 最新号:2020年2月号 (2020年01月17日発売)
Fujisan.co.jpより

映画『淪落の人』は、2月1日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

映画『淪落の人』

原題:淪落人

英題:STILL HUMAN

監督:オリヴァー・チャン / 出演:アンソニー・ウォン、クリセル・コンサンジ、サム・リー、セシリア・イップ、ヒミー・ウォン

2018 年/香港/原題:淪落人/英題:STILL HUMAN/112 分/ビスタサイズ/5.1ch/G NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED © 2018

公式サイト:http://rinraku.musashino-k.jp / 

武蔵野エンタテインメント 

Twitter:@musashino_ent 

2020 年 2 月 1 日(土) 新宿武蔵野館 他 全国順次公開 

access_time create folderエンタメ
マガジンサミット

マガジンサミット

TVと雑誌がコラボ! 雑誌の面白さを発見できるWEBマガジン 自分が欲しい情報を、効率よく収集できる「雑誌」 ライフスタイルに欠かせない「雑誌」 ちょっと雑誌が欲しくなる、もっと雑誌が読みたくなる、そんなきっかけが生まれるように、TVやラジオ番組の放送作家たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます!

ウェブサイト: http://magazinesummit.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧