裏社会ライターが行く!:無断駐車に天誅を下す電波系ババアはどんな報復をしてくるか?

access_time create folder政治・経済・社会

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!

本当に裏社会ライターってのは因果な商売でして……。
イヤな取材の経験が山ほどあります。

前回お伝えしたのは、

『Mission1.電車で怒鳴っているオヤジに話しかける』
https://getnews.jp/archives/2217653

でしたが、今回(当時の)編集部にムチャぶりされたのが、「地元で評判の電波系ババアに話しかけてこい」という取材でした。

それは、意味不明な文言が無数に書き連ねてある看板を、所有している駐車場のいろいろなところに掲げている60代のばあさん。いろんなことに文句をつけて、市民運動に精を出す電波系の貧乏なばあさんではなく、彼女は地元でも名の知れた大地主です。

数ヵ所の月極ガレージを所有するほどなので、おそらくはセレブ。しかし、そんな金持ちがガレージにひと味もふた味も変わったメッセージ看板を張り巡らせているというのだから、不気味すぎます。

その中でも気になるのが、駐車禁止を警告する看板でした。

《ここに止めれば、子供にバチが当たる》
《警察が来る》
《自宅に押しかける》
《お経をあげに行きますよ》

脅迫めいた言葉が書かれています。

では、このガレージに無断駐車した場合、一体どうなってしまうんでしょうか? そこで、友人のボロ車を借りて、実際に駐車してババアがどんな報復をしてくるのか、実験してみました。

ショッピングモールの客が無断駐車するガレージ

まず手はじめに、友人にボロ車を借ります。もちろん用途は正直に言えません。電波系ババアの駐車場に無断で車を止めて、なにをされるのか実験したい……など拷問を受けても言えるわけはありません。

僕は、買い替え寸前のシートに子供のヨダレが染み込んだ10年落ちの乗用車を借り、無断駐車初日を迎えました。

周辺に住む知り合いに聞いた話では、このガレージ近くにショッピングモールがあって、週末の夕方になると、立体駐車場に止めた利用客の渋滞がひどいそうです。駐車場を出庫するだけで小一時間かかるということで、その渋滞を回避するために、近隣ガレージに短時間、無断駐車するらしいんです。そのモラルが皆無のドライバーたちに、ババアは、自ら鉄槌を下しているそうです。

平日ということもあってか、無断駐車もないほどのガラ空きぶり。名前のプレートがはめ込まれた契約者の駐車場もガラガラでした。

とりあえず車を契約者のいないスペースに滑り込ませて、じっと待ちます。正直、こうしているしかありません。その間、ガレージに掲げられた警告看板を確認。無断駐車以外の看板も多く、政治家について言及するものもあれば、地球温暖化防止を謳うものもあり、あまり一貫性はなさそうです。

ガレージの舗装はガタガタで、雑草も茂り、ゴミなども散乱したままなので、ババアはあまり管理には無頓着なようです。しかし、いつババアがえらい剣幕で何をしてくるのか……考えただけでも、恐ろしくなってきます。

ついにやってきた!

1日目はボウズで、張り込んで2日目。

雨がアスファルトを打ちつける中で、僕は車に乗って、ガレージ一台分を占拠していました。この雨じゃなぁ……となんだか弱気になってくるわけですよ、ホント。小粒の雨がフロントガラスの上で踊っているのを見つめながら、横山剣さんと面影ラッキーホールの歌声を聴いていました。

1 2次のページ
access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧