フェイスブックジャパン元代表がクラフトビールを開発 「CRAFT X」クリスタルIPAを飲んでみた

access_time create folderグルメ

フェイスブックジャパン元代表の長谷川晋氏が代表を務めるMOON-Xが、プロジェクト第1弾としてクラフトビール「CRAFT X」クリスタルIPAの新発売を発表。公式オンラインショップにて1月24日(金)より限定発売を開始しました。

P&G、楽天などを経て、2019年8月末にフェイスブックジャパンの代表を退任していた長谷川氏は、「ブランドとテクノロジーの力で日本のモノづくりの翼になる」というビジョンを掲げMOON-Xを創業。

「モノづくりが得意でも、情報発信が得意ではない企業もある。我々とコラボレーションすることで、世界中に羽ばたかせることができるかもしれない。日本のモノづくりを体現するブランド群を、テクノロジーを活用して世界中に提供していくことで、たくさんの人々の生活を豊かにしたい」と、同社のミッションを述べています。

プロジェクト第1弾としてクラフトビールに着目した理由については「サンフランシスコでクラフトビールの美味しさに衝撃を受けたこと」が原点になっていると語り、CRAFT Xは日本を代表する老舗醸造所の木内酒造とパートナーシップを組みクリスタルIPAを開発。

「ITとクラフトビールを掛け合わせた時の新しい可能性に魅力を感じた」という木内酒造の木内洋一社長は、クリスタルIPAを「いい所どりのビール」と表現。

色はクリアで濁りがないディープゴールドで、泡がきめ細やか。アメリカンホップの香りやフルーティーな味をいかしつつ、それほど苦味の強くない、飲みやすく飲み飽きない味わいに仕上がっています。お肉、魚介類、ピザなどいろんな料理とのペアリングが楽しめそう。

パッケージには葛飾北斎の浮世絵を採用し、エメラルドグリーンの色彩が爽やかさ、華やかな香りを表現。表面には光を受けるとキラキラ輝くような特殊加工が。モノづくりとテクノロジーの融合というブランドビジョンがここからも読み取れますね。

デジタルに強みをもつ同社の取り組みとして、今後はSNS等を通じてユーザーからのフィードバックを解析し、製造方法の改良や新製品の開発に反映していくとしています。

なお販売方法は、月額6960円(税込み)でクリスタルIPAが毎月12本届く、CRAFT X会員プログラムの定期購入のみ。初回注文は2000円引きで、7か月目からは5%OFF。オリジナルグッズのプレゼントや季節限定ビールの先行案内といった会員特典があるそうです。

購入のハードルがやや高く感じますが、これは消費者との継続的な対話によって「一緒にブランドやビジネスを作っていきたい」という長谷川氏の思いを反映したもの。

今後はビールだけでなく、日本のモノづくりを体現する他カテゴリーへの参入も予定しているとのことです。

CRAFT X公式オンラインショップ:
https://www.craft-x-beer.com/

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧