【動画インタビュー】今泉佑唯、お風呂場で歌の練習‼ ストリートミュージシャン役熱演‼ / 映画『転がるビー玉』が1/31より先行公開‼

access_time create folderエンタメ
【動画インタビュー】今泉佑唯、お風呂場で歌の練習‼  ストリートミュージシャン役熱演‼ / 映画『転がるビー玉』が1/31より先行公開‼

YouTube動画:https://youtu.be/ABvxSpZIHFs

女性ファッション誌「NYLON JAPAN」の創刊15周年プロジェクトとして製作された長編映画『転がるビー玉』。今回は、マガジンサミット編集部の儀保が、本作に出演している今泉佑唯さんへ独占インタビューを敢行!!

映画『転がるビー玉』とは?

昨年11月22日よりグランドオープンとなった渋谷の新しい映画館「ホワイトシネクイント」にて、1月31日(金)より先行公開。2月7日(金)より全国順次公開となる本作。

渋谷の再開発で取り壊しが決まった古い家で、それぞれ夢を追い求めながら共同生活を送る3人の女の子を主人公に、彼女たちの葛藤が描かれていきます。ときに笑って、ときに泣いて、そして成長していく青春映画です。

そんな本作の中で、主人公の一人で、ストリートミュージシャンとして細々と活動する恵梨香 役を演じた今泉佑唯さん。本作では、演奏も含めた歌唱シーンに挑戦し、普段は明るくピュアな女の子をナチュラルに演じています。役どころや歌唱シーンについては勿論、映画『転がるビー玉』の魅力についても語って頂きました。

【インタビュー見どころ】

Q1、オファーを受けた時の感想は?

夢を追う本作のストーリーに感銘を受けた今泉さん。その時の感情を「グゥってきました‼」という独特な言葉で表現。さらに、「同世代の子にも観て欲しい」と付けたし。

Q2、歌唱シーンはいかがでしたか?

Q3、歌の練習はどのくらい?

劇中で演奏も含め3曲もの歌唱シーンに挑戦している今泉さん。「ギリギリまで、どうやって歌おう?」と悩んでいた今泉さんを支えてくれたものについて語ってもらいました。

Q4、“恵梨香”役の役作りは?

宇賀那健一監督とのディスカッションで作り上げたキャラクターの背景を語ってもらいました。

Q5、キャラクターに感情移入できる所は?

「作り込むというより、周りの雰囲気に入っていく感じ」という今泉

Q6、クライマックスについて

思わず「怖かった」と洩らすクライマックスシーンの撮影裏話について聞いて来ました。

Q7、萩原みのりさんや吉川愛さんとの共演シーンについて

「人見知りだった」という3人。でも、クランクアップの時には仲良しに!? キッカケは何だったのか語ってもらってます!!

Q8、大変だったシーンは?

「それ以上に、楽しさや達成感が上回っていたので」と前置きしつつ、“あるシーン”に関して、「楽しかったけど、ちょっと大変でした」と。そのシーンとは?

 

ネタバレなしのインタビュー動画なので、是非、劇場観賞前の予習にどうぞ!! 本インタビューを観れば、映画『転がるビー玉』を倍楽しめる事、間違いなしです!! 映画『転がるビー玉』は、渋谷ホワイトシネクイントにて、1月31日(金)より先行公開。2月7日(金)より全国順次公開となります。

スタイリスト:清水美樹(SHIMIZU MIKI)

ヘアメイク:Ken Nagasakamina(ミーナ) 最新号:2020年2月号 (2019年12月20日発売)
Fujisan.co.jpより

映画『転がるビー玉』

ストーリー:再開発が進む、渋谷。その片隅にある古い家の床は少し傾いている。ここで共同生活する愛、瑞穂、恵梨香の三人は夢を追い求めながら、悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。彼女たちが手にいれたのは、〈宝石〉なんて眩しいものではなくて、どこかで紛れ込んだ一つの欠けた〈ビー玉〉だった。そんなある日、部屋の立ち退き勧告の通達が来る。街の再開発で家の取壊しが決定したのだ。これは、いずれ出て行かなくてはならないその部屋で三人が過ごした、ささやかな日常の物語。絶え間なく変化するこの街で埋もれてしまいがちな幸せは確かにそこにあった。

出演:吉川愛、萩原みのり、今泉佑唯

笠松将、大野いと、冨手麻妙、大下ヒロト、日南響子、田辺桃子、神尾楓珠、中島歩、徳永えり、大西信満/山中崇

仁科あい、中尾有伽、手島実優、安倍乙、濱正悟、

河合優実、浦山佳樹、比佐仁、高橋雄祐、青木将彦、川端康太、内堀太郎、松川遥菜、佐々木穂高

 

スタッフ

監督/宇賀那健一(うがな・けんいち)1984年生まれ、東京都出身。青山学院経営学部卒。ブレス・チャベス所属の映画監督 / 脚本家。過去作に『黒い暴動♥』、『サラバ静寂』他。『魔法少年☆ワイルドバージン』が2019年公開となる。

プロデューサー/戸川貴詞(とがわ・たかし)1967年生まれ、長崎県出身。明治学院大学社会学部卒。2001年にカエルム株式会社を設立し、2004年に『NYLON JAPAN』創刊。現在、同社代表取締役社長、『NYLON JAPAN』編集長を務める。

access_time create folderエンタメ
マガジンサミット

マガジンサミット

TVと雑誌がコラボ! 雑誌の面白さを発見できるWEBマガジン 自分が欲しい情報を、効率よく収集できる「雑誌」 ライフスタイルに欠かせない「雑誌」 ちょっと雑誌が欲しくなる、もっと雑誌が読みたくなる、そんなきっかけが生まれるように、TVやラジオ番組の放送作家たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます!

ウェブサイト: http://magazinesummit.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧