「新しい刺激でスラスラ読めました」ダルビッシュ有選手が西村博之さんの本「自分は自分。バカはバカ」の感想をツイートし話題に

access_time create folderエンタメ

1月18日、MLBのダルビッシュ有選手が『Twitter』にて

「会社でスケープゴートにされそうになっている時の1番の対策は気持ちの持ちようだけじゃなく物理的に前に出る」
西村博之さんの「自分は自分。バカはバカ」から。
確かに効果ありそう。

とツイートを行った。ダルビッシュ選手とネット掲示板『2ちゃんねる』開設者の”ひろゆき”こと西村博之さん、意外な組み合わせにも思えるツイートは反響を呼ぶ。
しばらくの後、ダルビッシュ選手は

「Twitterで炎上したりクソリプを飛ばしてくる人は「正義」を振りかざす人が多いです。それは他人を攻撃する大義名分を得ていると思って、自分的には気分良くなっているんですね」
#自分は自分バカはバカ
面白くてもう読み終わりそう。

と続ける。そして、

新しい刺激でスラスラ読めました。
達観しているという表現では十分形容できない。周りの欲の度合いに惑わされず、自分自身の形、領域を何より大事にしている点では自分と似ているなと思いました。
頭の出来は違いすぎますが笑

とツイートし、表紙の画像をアップしていた。
ダルビッシュ選手が自身の本を読んでらっしゃることについて、ひろゆきさんはどう思うのだろうか? と気になったので一連のツイートについてのコメントをいただいたところ、

「自分で書いてないのに、ホントすいません、、という気分です。」

とのことであった。うーむ。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧