ポスティング希望の西川遥輝、課題は長打力も俊足と選球眼はメジャー級

access_time create folderエンタメ
ポスティング希望の西川遥輝、課題は長打力も俊足と選球眼はメジャー級

最低でも「IsoP」は.160以上ほしい

球界屈指の盗塁技術を持ち、2020年オフにポスティングシステムによるメジャー挑戦希望を公言している日本ハム・西川遥輝が、今季は長打力を求める意向であるとの報道があった。
長打力は長打率で比較されることが多いが、「塁打÷打数」で計算されるため、安打が全て内野安打でも長打率は10割となる。より純粋にボールを遠くへ飛ばす能力を比較するならば、「長打率−打率」で計算されるIsoP(Isolated power)の方が適している。この数値が.200を超えれば間違いなく優秀、.180以上で主軸クラスの強打者とされる。
昨季の西川のIsoPは.097。俊足が売りの外野手であり長打力を売りにしているわけではないが、フライボール革命が巻き起こったメジャーでは2019年、歴代最多の6776本塁打が飛び交った。これまでの最多は2017年の6105本だったから10%以上増えている。その中で勝負するには少し寂しい数字か。

メジャー挑戦前年のNPB成績比較

今季からメジャーに移籍するレッズ・秋山翔吾の昨季のIsoPは.168。直近3年は20発を打っており2017、2018年のIsoPは.200を超えている。俊足巧打の偉大な外野手、イチローも日本では例年15本前後の本塁打を放っておりIsoPは.160前後、シーズンによっては.200以上も記録していた。
メジャー挑戦を目指しながら断念した広島・菊池涼介の昨季のIsoPは.144。契約前に実技テストを受けたヤクルト・青木宣親の渡米前年のIsoPは.068だったが、これは低反発球の影響が大きかったと考えられ、その前の3シーズンでは.182、.142、.151と一定以上の力は示していた。
西川の最高IsoPは自身唯一の2桁本塁打を記録した2018年の.127、メジャー移籍を実現するなら今季は最低でも.160以上は記録したいところだ。

イチローさえ上回る盗塁成功率

長打力では海を渡った先人達にまだ及ばないが、西川には球界トップの大きな武器がある。通算盗塁数245に対し、失敗は38個だけ。成功率は86.6%と非常に高い。日本でのイチローの通算成績は199盗塁、33盗塁刺。成功率は85.8%だったから、わずかではあるがレジェンド超えを果たしている。
さらに西川は打ってから1塁到達までが速く、982試合の出場で併殺打が19個しかない。イチローがNPB951試合で59個だったからやはりこれも驚異的と言っていい数字だ。

西川遥輝とイチローのNPB成績比較

昨季の西川の内野へのゴロが安打になった割合13.7%はパリーグトップ。打ち取られた当たりでも足で稼いでHランプを灯してきた。
ボールゾーンのスイング率16.7%もパリーグで最も優秀な数字。俊足と選球眼は環境が変わっても同程度の成績が見込まれる。コンスタントに4割近い出塁率を残す安定感はメジャー球団にとっても魅力的だろう。


関連記事リンク(外部サイト)

2010年代の西武は平均順位2.6位も日本シリーズ出場はなし
巨人の2010年代はAクラス9度も日本一は1度だけ
阪神大震災から25年…低迷オリックスに差し込む「希望の光」

access_time create folderエンタメ
local_offer
SPAIA

SPAIA

スパイア[SPAIA]では、野球、サッカーなど各種スポーツのAIによるデータ予想と解析、試合日程や結果、チーム成績や選手データなどあらゆる情報を配信。新しい視点でファンとスポーツの関心を高め、進化し続けるコンテンツと感動をご提供します!

ウェブサイト: https://spaia.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧