語り継がれるストーリー!少数民族の古布・古着をリユースしたバッグの展示会

access_time create folder生活・趣味


アジア各国の少数民族の古布・古着をリユースしたバッグを制作している「kibi-ru ACTION(きびるアクション)」。オーナーの武堂氏は、“生地を仕入れる時にその生地にまつわるストーリーを聞き、生地をバッグにして、販売しながらまたストーリーを伝える”を繰り返してきた。

このたび、そんな「kibi-ru ACTION」の魅力が詰まった展示会が、1月22日(水)〜2月10日(月)の期間、東京都世田谷区にある「針仕事の専門店WASABI-Elişi」にて開催される。

色鮮やかな民族布を使ったバッグが一挙に並ぶ貴重な機会をお見逃しなく!

アジア各国の民族布を使ったバッグ

今回の展示会では、インドネシア、タイ、インド、ブータン、ミャンマー、台湾、ケニア、マリ、グアテマラの民族布を使ったバッグのほか、福祉施設と共同で制作した作品など約100点が展示される。

バッグにこめられたストーリー


会場には、タイのチェンマイに拠点を置くストリートチルドレンの支援保護団体「DOR DEK GALLERY(ドーデックギャラリー)」から届いた刺し子を使った「太陽の国のバッグ」をはじめ、


グアテマラの女性や子供を支援する国際ボランティア団体「青い空の会」から仕入れた民族衣装と、日本で制作した裂き織りをミックスした「虹色の国のバッグ」、


ブータン専門のツアーコンダクターが現地で集めた織物のほか、ツアー中に出会った少女を支援した際、そのお礼にと少女の母親が織ったという布が含まれている、ブータンの「幸せの国のバッグ」などが並ぶ。

人々のアイデンティティを感じさせるバッグの色鮮やかさとともに、それぞれのストーリーにも注目したい。

オンリーワンバッグに出会おう

展示会「DIVE」の開催時間は、11:00〜17:00。木曜日と金曜日は13:00〜19:00で、火曜日は定休となっている。

アジア各国から集めた古布・古着で作られた、オンリーワンバッグたち。同イベントでしか出会えないバッグを手にとり、さまざまな物語に触れてみよう。

■「針仕事の専門店WASABI-Elişi」
住所:東京都世田谷区羽根木1-21-27 亀甲新 ろ60

『「kibi-ru ACTION」公式ホームページ』
( https://kibiru-action.net/ )

access_time create folder生活・趣味

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧