ゴジラ松井に訪れたキャリア最大の危機、“追い出した”男の数字とメジャーの現状

access_time create folderエンタメ
ゴジラ松井に訪れたキャリア最大の危機、“追い出した”男の数字とメジャーの現状

日本の野球ファンにしてみれば、ある程度覚悟していたとはいえ、ショッキングなニュースだ。現地時間25日、米大リーグ・レイズの松井秀喜(38)が戦力外通告を受けた。シーズン途中での戦力外は松井のキャリアの中でも初となる。

今シーズンの松井は開幕を迎えても所属先が決まらず、レイズとマイナー契約を結んだのは4月30日。約1ヵ月後の5月29日にはメジャー昇格を果たしたものの、肝心の成績は最後まで上がらなかった。34試合出場(先発は23試合)で、打率.147、2本塁打、7打点はあまりに寂しい数字だ。

今回の決定を受けて、登録枠(40人)の空いた分に入ったのは、ダイヤモンドバックスから移籍のライアン・ロバーツ。今シーズンのロバーツの成績は打率.250、6本塁打、34打点。メジャー7年目、通算打率.250、35本塁打の選手に弾き出されたことが、今の松井の立ち位置を分かりやすく表しているかもしれない。

今後の松井には厳しい状況が待っている。大リーグの中には夏場に入ると来年を見据えて若手起用に切り替えるチームも出てくる。そうしたチームが彼を獲得する可能性は非常に低い。一方で優勝を狙えるチームは経験豊富なベテランを補強する(イチローを獲得したヤンキースがいい例)が、かなりの不振に喘ぐ選手には手を出さないだろう。“ゴジラ”は米国10年目のシーズンで最大の危機に直面している。

 

※画像:米大リーグ・レイズのオフィシャルサイトより

http://tampabay.rays.mlb.com/index.jsp?c_id=tb

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧