音声コマンドで正確な量と温度の水を出すスマート蛇口「U by Moen Smart Faucet」

access_time create folderデジタル・IT

米国の有名水栓メーカー・MOEN(モーエン)は、音声コマンドで正確な温度と量の水を出してくれるスマート蛇口「U by Moen Smart Faucet」を発表した。

・Amazonアレクサ、Googleアシスタントと連携

「U by Moen Smart Faucet」は、AmazonアレクサやGoogleアシスタントと連携して、音声で操作できるようになっている。水を出したり止めたりはもちろんだが、このスマート蛇口なら、水温や水量を口頭で指示してを出させることができる。

そうなると、料理の時に計量カップはいらなくなるわけだ。

量については、ミリリットルやリットルなどの具体的な数字で指定できるほか、スプーン1杯、カップ1杯、カップ半分といった大雑把なリクエストにも対応する。

また、温度については、〜度という指定だけでなく、「温かい」「冷たい」などの感覚的なコマンドでも構わない。

MOEN社によれば、音声コマンドに対応するスマート蛇口が市場に登場するのは、これがはじめてであるとのこと。

・スマートフォンアプリでよく使う量や温度をプリセット

専用のスマホアプリを使って、よく使う量や温度を設定しておけるのも「U by Moen Smart Faucet」のひとつの特長だ。

例えば、赤ちゃんの哺乳瓶用に八分目の分量のぬるま湯を設定し、「赤ちゃんボトル」というコマンド名をつけておくことができる。また、犬用水入れにぴったりの水量を設定して、ペットの名前をコマンド名にしてもいい。

同社によれば、こうした設定の数に上限はないとのこと。発売開始は今年の後半になるらしい。

 U by Moen Smart Faucet

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧