F/A-18“ブロックIII”用赤外線照準ポッド初飛行試験終了

access_time create folderエンタメ
F/A-18“ブロックIII”用赤外線照準ポッド初飛行試験終了

 ボーイングは2020年1月15日(現地時間)、アメリカ海軍が調達予定のF/A-18スーパーホーネット“ブロックIII”に搭載される新型赤外線照準(IRST)ポッドが、初めての試験飛行を終えたと発表しました。これは従来より高い攻撃精度をもたらす光学センサーです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 アメリカ海軍ではF/A-18E/Fスーパーホーネットの性能向上版として、コンフォーマルタンクによる搭載燃料の増加で戦闘行動半径を拡張した、“ブロックIII”と呼ばれるバージョンを調達予定。より高度な処理能力を持つコンピュータや、ネットワークシステムなども実装され、ステルス性を除けばF-35に近い能力を実現します。

 赤外線照準(InfraRed search and Track=IRST)ポッドは、赤外線やその他センサーを搭載し、自ら電波を発するレーダーとは異なり、受動的な手段で目標を探知・捕捉して追尾するもの。従来のものより性能を向上させた“ブロックII”と呼ばれています。

 IRSTポッドのセンサーを担当するロッキード・マーティンのケネン・ネルソン氏は「IRSTブロックIIのセンサーは、より広い捜索範囲を持ち、海軍の戦闘機における生存性を向上させます」と語ります。

 レーダー波によって相手に居場所を知らせてしまうことなく、目標を精密に捕捉するIRSTブロックIIは、今後アメリカ海軍が調達するF/A-18E/Fスーパーホーネット・ブロックIIIの攻撃能力に不可欠なもの。ボーイングでF/A-18開発のプログラム・ディレクターを務めるジェニファー・テボ氏は「IRSTブロックIIにより高い光学的探知処理能力を得たF/A-18は、より戦闘空域での状況認識を高めることが可能になります」と、その意義についてコメントしています。

 実機に装着しての飛行試験を終え、現在は検証作業に入っているというIRSTブロックII。ボーイング によると、2021年には海軍への引き渡しを開始し、早い段階での初度作戦能力(IOC)獲得を見込んでいます。

<出典・引用>
ボーイング ニュースリリース
Image:Boeing

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

スペースX宇宙船「クルードラゴン」最後の脱出試験をネットで生中継
エアバスの大物輸送機「ベルーガXL」商業飛行を開始
ドイツの多目的戦闘艦MKS180 オランダのダーメンが受注

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧