エアバスの大物輸送機「ベルーガXL」商業飛行を開始

access_time create folderエンタメ
エアバスの大物輸送機「ベルーガXL」商業飛行を開始

 エアバスは2020年1月13日(現地時間)、同社の航空機パーツを輸送する大物輸送機の最新型「ベルーガXL」が2020年1月9日から、正式な輸送業務を開始したと発表しました。従来のベルーガST輸送機の後継として、本格的な飛行が始まります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ベルーガXLは、ヨーロッパ各地にある生産工場で途中まで組み立てられた航空機のパーツを、最終組み立て工場へ運ぶために作られた大物輸送機。現在主力として使われている「ベルーガST」がエアバスA300-600Rから改装されたのに対し、より大型のA330-200をベースとしたため、輸送能力が30%向上しています。

 胴体上部を大きく膨らませた貨物室の大きさは、A350XWBの主翼が2つ入る長さ63m、最大幅8m。最大積載量51トンで、4000kmの航続距離を実現しています。



 フランスのトゥールーズで1号機の最終組み立てが行われた際には、新設計のコクピットセクションをベルーガSTが空輸するという光景も見られました。

 1号機は2018年6月にロールアウトし、7月19日に初飛行。その後2号機も加わって試験飛行が計200回以上、700時間以上にわたって続けられ、2019年11月に欧州航空安全機関(EASA)の型式証明を取得しました。

 ベルーガXLはその名の通り、ベルーガ(シロイルカ)をデザインした塗装になっており、飛行する姿は空を泳いでいるかのよう。今後2023年にかけて全6機が就役し、ヨーロッパ11か所の工場を結んで飛びまわります。

<出典・引用>
エアバス プレスリリース
Image:Airbus

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ドイツの多目的戦闘艦MKS180 オランダのダーメンが受注
月や火星を目指すNASA新宇宙飛行士「タートルズ」お披露目
アメリカ州空軍F-16 新型レーダーへの換装完了

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧