ドイツの多目的戦闘艦MKS180 オランダのダーメンが受注

access_time create folderエンタメ
ドイツの多目的戦闘艦MKS180 オランダのダーメンが受注

 装備の近代化を図るドイツ海軍で、将来の中核を担う多目的戦闘艦MKS180。その建造についてドイツ国防省は競争入札の結果、オランダのダーメン・スヘルデ・ナーバル・シップビルディングを主契約社として選定したと2020年1月14日付で発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ドイツが2016年の防衛白書で計画を明らかにした多目的戦闘艦MKS180。MKSとはMehrzweck(多目的)Kampf(戦闘)Schiff(船)の頭文字となっており、対潜水艦戦闘、海上警備、掃海など様々な任務に対応する艦です。

 船の規模は喫水線長約155m、満載時排水量9000トンと、現在建造が進められている最新のフリゲート、バーデン・ヴュルテンベルク級(全長149.5m・満載時排水量7316トン)をしのぐ、戦後のドイツ海軍水上戦力で最大規模。排水量を基準にすると、1994年から就役しているブランデンブルク級フリゲートの倍近いものとなります。

 最大の特徴は、モジュール化された船体設計。任務に合わせてミッションモジュールを換装できる上、モジュールごとに近代化が実施でき、共通のインターフェイスにより新たなミッションモジュール追加することもできるので、技術の進歩に対応してきめ細かく、そして従来より低コストで近代化改修が可能になっています。

 艦の運用についても省力化が図られ、常駐110名の乗員と、任務に応じて乗艦するミッションモジュール要員70名で構成されています。母港を離れての最大連続行動期間は24か月、北極海での作戦行動にも対応する、ロイド保険会社アイスクラス1C/E1(最大厚15cm〜30cm程度の海氷が浮かぶ海域で航行可能)の耐氷能力も備えます。

 主契約社となったダーメン・スヘルデ・ナーバル・シップビルディングは、ドイツのブローム・ウント・フォスと共同で、ハンブルクにあるブローム・ウント・フォスの造船所で建造にあたる予定。ドイツ海軍ではMKS180を4隻建造する計画です。

<出典・引用>
ドイツ国防省 ニュースリリース
ダーメン・スヘルデ・ナーバル・シップビルディング ニュースリリース
Image:BAAINBw/MTG Marinetechnik/Damen Schelde Naval Shipbuilding

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

月や火星を目指すNASA新宇宙飛行士「タートルズ」お披露目
アメリカ州空軍F-16 新型レーダーへの換装完了
エアバスがアメリカでの事業拡大 1100億円規模の投資発表

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧