藤原敦写真展「2200Miles」

access_time create folderデジタル・IT

2020年1月10日(金)〜2月1日(土) Books and Modern


(c) Atsushi Fujiwara

同名の写真集「2200Miles」の発売を記念した写真家 藤原敦氏の写真展が1月10日(金)〜2月1日(土)まで東京・赤坂にあるギャラリーBooks and Modernにて開催されている。
2019年7月、藤原氏は30年前に暮らしたイギリスを再訪。「2200 Miles」のタイトルそのままに、マーゲイトからリバプール、グラスゴー、スカイ島までおよそ1カ月で2200マイルを駆け抜けながら35mmモノクロムフィルムにて撮影した。作品はゼラチンシルバープリントにて仕上げられ、ロードムービーを思わせるような切なさ、旅の空の照り降りの楽しさとともに、「写真」の本質に触れる心象風景のドキュメンタリーとなっている。


(c) Atsushi Fujiwara


会場では展示作品、写真集の販売も予定されている。
写真集『2200 Miles』(蒼穹社 4,000円(税別)/ 500部限定)

また、1月25日(土)には写真史家 金子隆一氏とのトークイベントも開催。参加費は1,500円(ドリンク付)で事前申込制。
(写真展リリースより)
1989年、「昭和」が「平成」になった年、僕はイギリスへ旅立ち2年暮らした。
今思えばバブル経済に沸いていた日本が息苦しかったのかもしれない。
2019年、30年が経ち「平成」が「令和」になった。
僕は小さな車を借りて最初に暮らした南の街マーゲイトを出発し
北の果てまで旅をすることにした(『2200 Miles』序文より)──。
<プロフィール>
藤原敦(ふじわら・あつし)
写真家。インテリアデザイン会社に勤務後、1989年渡英。帰国後、2005年撮影スタジオ設立、運営。2008年5月、唐仁原信一郎とともに写真誌「ASPHALT(アスファルト)」創刊(2号より編集者・故 長谷川明氏を編集長に迎える。2012年10月に10号刊行をもって終了)。モノクロフィルムによるドキュメンタリー写真で独自の表現を追求している。

<写真展概要>

藤原敦写真展「2200Miles」
会期:2020年1月10日(金)〜2月1日(土)
時間:12:00〜19:00(日曜・月曜日休)
会場:Books and Modern
東京都港区赤坂9−5−26 パレ乃木坂201
https://booksandmodern.com/
TEL 03-6804-1046
【レセプションパーティー】
1月18日(土)17:00〜20:00
【トークイベント】
1月25日(土)16:00〜17:30
「ドキュメンタリーとしての写真、その可能性」
藤原敦×金子隆一(写真史家)
参加費:1,500円(ドリンク付き/Books and Modern オリジナルスペシャルティコーヒー、紅茶)
参加方法:Webページにて予約
https://shop.booksandmodern.com/items/25207273
※1月18日(土)15:45〜16:30 / 1月25日(土)14:45〜15:30 は準備のため一旦閉廊致します。

関連記事リンク(外部サイト)

【参加無料】パナソニック LUMIX S1Hを使いこなす「映像ディレクターが語る 一眼動画の撮影~グレーディングTIPSセミナー」開催
フィルムカメラ・オールドレンズの販売イベント「CP+中古カメラフェア2020」開催決定
舞山秀一写真展「COCO COME HERE」

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
PICTURES

PICTURES

PICTURES(ピクチャーズ)は、玄光社が運営するものづくりを刺激するウェブマガジン。写真・映像・イラスト、本など、クリエイティブの最新情報が満載。

ウェブサイト: https://genkosha.pictures/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧