乃木坂46・齋藤飛鳥「超やだ!」ハリー杉山に見られてしまったものは…

access_time create folderエンタメ

乃木坂46・齋藤飛鳥「超やだ!」ハリー杉山に見られてしまったものは…
J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。1月11日(土)のオンエアでは、「ボク、だ~れだクイズ!」で英語を学んだ。

■森崎ウィンとハリー杉山、どっちがいい!?

齋藤からのあいさつ「How’s the start of 2020 been?」(2020年の始まりはどう過ごしましたか?)でスタート。まずは、ふたりでトークを展開した。

齋藤:この時間は、ハリーさんもいます。
ハリー:いや、そりゃそうでしょ。ねえ、消さないでよ。
齋藤:え? 森崎ウィンさんは?
ハリー:森崎ウィンさん、求めてますか? 森崎さんが2019年12月21日の放送で私の代わりに出て、いろんなリアクションがあったんですよ。「ウィンウィンのほうがいい」「ウィンウィンぜんぜんウザくない」って。
齋藤:やっぱり土曜の朝ですからね。ウザくないほうがいいのかもしれないです(笑)。
ハリー:いいのかな? いいですよ、来月はここに森崎ウィンさんがね。ミャンマーつながりっていうのもありますからね。
齋藤:たしかに。
ハリー:お会いしたことはないんですよね?
齋藤:無理です、無理です。私、いまさら初対面のテンションで番組できないです(笑)。
ハリー:じゃあ、辛抱してください。
齋藤:頑張ります(笑)。

■着物は好き?

続いて、リスナーからのメッセージを紹介。「成人式の前撮りで着物を着たら、普段使わない筋肉を使って体中が痛かったです。成人式がちょっと憂鬱。飛鳥ちゃんは着物好きですか? ハリーさんは着物を着たことありますか?」

齋藤:私は着物ぜんぜん好きですね。
ハリー:いろんなミュージックビデオの中や、お仕事でも着ている姿を見たことがありますね。
齋藤:着る機会は、普通の人より多いので。
ハリー:髪型はどうなの?
齋藤:お着物に合わせてちゃんとアップしたり。成人式のときに体が痛かった記憶がないので、なんか意識しすぎてるのかな。
ハリー:見られ方っていうか、人前だし背筋をビシッとしなきゃいけないっていう緊張感が、肩や首にきちゃったんじゃないの。
齋藤:そういうことか。成人式、楽しんでほしいですけどね。
ハリー:僕は着物を着たことあります。着物のカタログのモデルのお仕事とか。
齋藤:やってそう!
ハリー:その写真をまるっとパクッてそのまま年賀状に使ったりとかね。
齋藤:いいですね、便利(笑)。

■齋藤が多くの人に送っている“あるもの”とは?

コーナー後半では、「ボク、だ~れだクイズ!」で英語を学んだ。ハリーと齋藤が“あるもの”になりきって英語でヒントを出し、そのヒントから “あるもの”が何かを当てるというゲームだ。

まずはハリーからの出題。

Everybody has me. (みんなが私を持っている)
Sometimes I shine. (私はたまに輝く)
I see it right now. (私はそれを、いま見ている)
You send this to many people. Or you send a photo of this to many people. (あなた<齋藤>は、それをたくさんの人に送る。もしくは、それの写真をたくさんの人に送る)

二つめのヒントを聞いた齋藤は「ぜんぜんわかんない」とお手上げ状態。そこでハリーが「変化球ヒント」として三つめのヒントを出した。これに対して齋藤は「目ん玉」「Are you eyes?」と回答。ハリーは「『目ん玉』だと『Are you an eyeball?』ですね」とアドバイスしたが、残念ながら不正解だ。

四つめのヒントを聞いた齋藤は、さらに困惑する。見かねたハリーが日本語で「たまに飛鳥ちゃんがモバメ(乃木坂46 Mail)でいろいろ送ってるじゃないですか」と、さらにヒントを出す。すると齋藤は「頭?」「Are you head?」と回答して、見事に正解した。

齋藤:なんで頭?
ハリー:なんでって、頭けっこう送ってない?
齋藤:え、なんで知ってるんですか、頭を送ってるって。
ハリー:モバメに最近アンテナを張るようになりまして、見てるんですよ。
齋藤:うそ! あはは(笑)。やだ~。
ハリー:もっと言うとね、スタッフの方もちゃんと見てるので。
齋藤:うわ! うそ(笑)。超やだ!
ハリー:たまに輝いてるじゃん。飛鳥ちゃんの頭ちっちゃいなって思いながら見てます。
齋藤:そうだったんだ。ぜんぜんわかんなかった。モバメとってるんだ。
ハリー:これでこのコーナーのトークテーマが随分と広がりますからね。
齋藤:もう私「ボク、だ~れだクイズ!」できないです。気が動転しちゃって。やだ、これからモバメ送るときに一瞬考えちゃうもん。「これ見てんだよなあ」って。はずかしいな。

■2020年の主役といえば?

今度は齋藤からの出題だ。

I am the protagonist of 2020. (私は2020年の主役)
I am active at night. (私は夜に活動的になる)

ハリーは一つめのヒントで答えがわかった様子で「The world knows about me. The world of sport knows me. (世界は私について知っている。世界のスポーツは私を知っている)」「Are you 2020 Tokyo Olympics? (あなたは東京2020オリンピックですか?)」と回答したが、残念ながら不正解。二つめのヒントを聞き、ハリーは「Are you very cute? (あなたはとってもかわいいですか?)」「Do you look like Asuka? (飛鳥ちゃんに似ていますか?)」と質問を重ねる。

齋藤:似てないですよ。
ハリー:But you’re not this. でしょ? 似てるかどうかはわからないですけど、飛鳥ちゃんはこれではないですよね。
齋藤:はい、違いますよ。
ハリー:Are you a mouse? (あなたはネズミですか?)
齋藤:正解!
ハリー:ですよね。
齋藤:なんで?
ハリー:すぐわかりますよ。2020年の“protagonist=主役”って言ったら、だいたいオリンピックなのか……。その次に、夜にアクティブって言ってたから。昔ね、僕の寮にも出てきたんですよ。かわいいチューチューさんたちがね。そういう経験あります? なんか体についてるぞって取ってみたら……。過去にはGKBR(ゴキブリ)が出てきたこともあるんですけど、15歳の夏でしたね。14世紀の建物だからいろいろと出てきちゃうんですよ。
齋藤:それは仕方がないですね。
ハリー:飛鳥ちゃんは、チューチューは得意なの?
齋藤:得意では……。でも私たちもCMでネズミになってるので、嫌いとは言えないですね(笑)。

ハリー杉山が先生になって、乃木坂46・齋藤飛鳥にイチから英語をレッスンする『POP OF THE WORLD』のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」は毎週土曜日の7時5分ごろからオンエア。次回もお楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月18日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト:
https://www.j-wave.co.jp/original/popworld

access_time create folderエンタメ
local_offer

J-WAVEニュース

J-WAVE 81.3FMでオンエアされた話題を、毎日ピックアップしてお届けしています。

ウェブサイト: https://news.j-wave.fm/news/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧