おにぎりは具入りがオススメ!?炭水化物の上手な食べ方

access_time create folderエンタメ
おにぎりは具入りがオススメ!?炭水化物の上手な食べ方

 ご飯やラーメン、うどん…。よく「炭水化物を食べると太る」って聞きますよね。でも、本当に炭水化物を食べると「太る」のでしょうか?
 メカニズムと、上手な炭水化物の食べ方をご紹介します。

●炭水化物は多く食べるとどうして太る?
 「炭水化物を食べると太る」が常識となっている現代。「低糖質ダイエット」なども話題となりましたが、そもそも炭水化物を食べるとなぜ太るのでしょうか?
 炭水化物で太りやすいのは、膵臓から分泌される「インスリン」が関係しています。
 「ご飯などの炭水化物を食べると、血糖値が急上昇しやすく、その値を下げるためにインスリンが多量に分泌されます。インスリンには糖質を脂肪として溜め込む働きがあるため、太る原因になるのです」
 とはいえ、炭水化物は人が活動するためのエネルギーとなるもの。極端に不足すると倦怠感やイライラなど悪影響を及ぼします。炭水化物そのものがいけないのではなく、血糖値の急上昇を避ける食生活が大切なのです」
●食べる順番を替えてみよう
 血糖値の上昇をゆるやかにするために有効なのが「食べる順番」。野菜や魚、肉は血糖値の上昇スピードが遅いため、食事のときはサラダや焼き魚、みそ汁などから食べ始めて、炭水化物はラストにすればOK。最初に豆乳などを飲むのも効果的です!

・今すぐ読みたい→
10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選 https://cocokara-next.com/food_and_diet/success-of-the-diet-in-one-month/

●コンビニおにぎりならコレ!
 とはいっても、時間がなくて「コンビニおにぎり一択!」というときもあるでしょう。
 「そんなときは、天むすやチャーハンおにぎりなど、できるだけ具が入っているものを選びましょう。納豆巻きも、たんぱく質を含んだ大豆と酢飯なので白米だけより血糖値の上昇を抑えられるのでオススメです」
 炭水化物が主体でも、具が入っていると多少は血糖値の上昇を抑えられるようです。逆に避けたいのは、カロリーは低数値でも、血糖値を上げやすい塩むすびなどの白米オンリーのおにぎりです。
 上手な食べ方を取り入れて、おいしく健やかに食事を楽しみましょう♪
【監修】
スポーツクラブNAS
スポーツ健康医科学研究室
後藤 真二

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」
※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
・今すぐ読みたい→
10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選 https://cocokara-next.com/food_and_diet/success-of-the-diet-in-one-month/

関連記事リンク(外部サイト)

ダイエット中のコンビニランチの選び方3原則!
夜遅く食べても太らない?!夜遅い食事で守るべき3つのルール
弁当女子デビューに♪簡単にできるヘルシー作り置きおかず

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧