androp、デビュー10周年を締め括るアニバーサリーライブでファンを魅了

access_time create folderエンタメ

デビュー10周年のアニバーサリーイヤーとしてドキュメンタリームービーの上映など、様々な企画を行なってきたandropが、1月11日と12日に東京・人見記念講堂でアニバーサリーライブを開催。公演決定を発表するや即ソールドアウトとなった2日間、andropのアニバーサリーを祝おうと高倍率のプレミアチケットを手にしたファンが集まった。
1月12日@東京・人見記念講堂 photo by Rui Hashimoto (SOUND SHOOTER) (okmusic UP's)

その最終日、2009年12月にデビューしてからの10年間を凝縮し、楽曲で一つひとつを丁寧に辿る、”集大成”のような内容となった。オープニングは内澤崇仁(Vocal&Guitar)が無音の中で登場し、「Image Word」を歌唱。1人でそっと歌い始めたところに、メンバーが1人、また1人と加わっていく。「andropメンバー4人、初めてスタジオで呼吸を合わせた曲」という当時の様子を再現しているかのようなオープニングの演出に涙を流すファンも。その後はデビューから順を辿るよう、初期の楽曲から披露した。MCでは内澤が「End roll」制作時を振り返り「そのときは10年続けようとか続けられるとか思っていなくて…」と話し、「今、どう思っているかというと、”音楽やっていて良かったな“ “今日このステージに立てて良かったな”と思っています」とライブに懸ける想いを伝えた。

また、Creepy Nutsがサプライズで登場すると、ステージに現れると大きな歓声が。2017年にコラボレーションをした「SOS! feat. Creepy Nuts」を披露して、会場を盛り上げた。

そして、アンコールの終了後、止まないコールに応えて、ダブルアンコールで再登場。出来たばかりという未発表の新曲を披露し、10周年という節目と共にこれから始まる11年目を感じさせてライブは幕を閉じた。「Voice」「Yeah! Yeah! Yeah!」「Hikari」「Koi」などのヒット曲の数々、その時々を彷彿とさせるセットや演出に、ファンも想い出を辿ったに違いない。

6月12日からの全国ワンマンライブハウスツアーの開催も決定し、引き続き止まることなく進み続けるandorpから目が離せない。

【セットリスト】

01.Image Word

02.Roots

03.Colorful

04.MirrorDance

05.Bell

06.BrightSiren

07.End roll

08.World.Words.Lights.

09.Boohoo

10.Voice

11.One

12.Yeah! Yeah! Yeah!

13.Kaonashi

14.Joker

15.Prism

16.Ao

17.SOS! feat. Creepy Nuts

18.Hikari

<ENCORE>

Encore

19.Koi

20. C

21. Home

<W ENCORE>

22.未発表新曲
【ライブ情報】
『2020年 全国ワンマンライブハウスツアー』

6月12日(金) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

6月14日(日) 宮城・仙台 Darwin

6月18日(木) 福岡・DRUM Be-1

6月20日(土) 広島・LIVE VANQUISH

6月21日(日) 香川・高松 DIME

6月27日(土) 大阪・心斎橋 BIGCAT

6月28日(日) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO

7月03日(金) 石川・金沢 AZ

7月09日(木) 東京・EX THEATER ROPPONGI

<チケット>

¥4,500(税込)

※6歳以上チケット必要
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

access_time create folderエンタメ
local_offer

OKMusic

ウェブサイト: http://okmusic.jp/ups

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧