AI使用のコードレス・セキュリティカメラ「IMILAB EC2」は留守宅の強い味方!

access_time create folderデジタル・IT

今回、AI技術を使用した高画質のワイヤレスセキュリティカメラ「IMILAB EC2」が登場した。

・PIRとAIテクノロジーで24時間、留守宅を守る

24時間年中無休で家を守ってくれるIMILAB EC2は、無料のライフタイムクラウドストレージを備えた市場初のセキュリティカメラ。

一度登録するだけで、無料のクラウドストレージサービスがずっと提供され、IMILAB EC2月々の使用料ももちろん無料だ。

IMILAB EC2は、PIR(赤外線センサー)と最先端AIテクノロジーで、人間やペットを体温で区別して検出する。赤外線ライトは最大100 mの距離で機能し、暗闇の中での監視が可能。120°の超広角レンズを装備し、1080Pと高画質で鮮明な画像を映し出す。

人が検出されると、IMILAB EC2はすぐに所有者にアプリでメッセージを送信し、所有者はアプリを開いて自宅の状況を確認できる。動物が検出された場合は、誤報を減らすためにアラーム通知は送信されない。

さらに、IMILAB EC2とMijia Homeアプリを使用すれば、職場や休暇先など、どこからでもカメラの前にいる人と話せるのも便利。

・カメラ設置は簡単、どんな天候でも安心

カメラ設置は簡単で、ドリルもワイヤ不要だ。ブラケットに穴をあけて2本のネジで取り付けるか、粘着シールを使うだけで設置は完了し、角度も360度調整できる。

-20°~50°Cの気温に耐え、防水機能はIP66、雨や雪などどんな天候でも安心だ。

5100 mAhリチウム充電式バッテリーが内蔵されており、1回の充電で4か月間作動。バッテリーは簡単に取外して充電でき、もしくはパワーバンクで直接充電もできる。

現在、Indiegogoでキャンペーンを行っており、すでに目標額の9倍以上を達成。価格は今なら99ドル(約1万700円)からで、日本へも10ドル(約1080円)追加で配達してくれる。

IMILAB EC2/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧