一日に飲むべき水の量は?

access_time create folderエンタメ
一日に飲むべき水の量は?

 私たちの身体の約60〜70%は水でできています。ちょっとした水分不足が健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、適切な水分補給を意識することが大切です。

とはいえ、ただやみくもに水をガブ飲みすれば良いわけではありません。ここでは、一日どのくらい水を飲めば良いか、飲み方やタイミングについてお伝えします。

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/

水分が不足するとどうなる?

水分が5%足りなくなると、脱水症状や熱中症に陥ります。10%失った場合は筋肉のけいれんや循環不全などの症状が現れ、20%失うと死に至るとされています。

のどの渇きを自覚したときは2%の水分が失われている状態で、すでに脱水症状が始まっています。そのため、のどの渇きを感じる前に水分補給をすることが大切です。

特に運動中や運動後、暑い季節は水分が失われやすいので、いつもより多くの水分が必要になります。また、年齢を重ねるにつれ、のどの渇きを自覚しにくくなるので、注意しましょう。

一日に必要な水の摂取量とは

私たちの身体からは、汗や尿、便などで一日に約2.5リットルの水分が排出されています。このうち、一日3回の食事から約1.0リットルが補給されます。さらに、食べ物を体内で分解し、エネルギーとして利用する際に約0.3リットルの「代謝水」が生成されるため、残りの約1.2リットルを飲料水から摂取すればよいことになります。

ただし、炎天下でのスポーツや肉体労働などでたくさんの汗をかく場合には、その分をプラスして水分補給を行いましょう。厚生労働省では、脱水による健康被害を防ぐために普段よりもコップ2杯多く水を飲むことを推奨しています。

正しい水分補給の方法

一度にたくさんの水を飲んでも、すべてを吸収できるわけではありません。余剰分は体外へ排出されるだけです。こまめな水分補給を心がけましょう。

1回につきコップ1杯程度の水を「起床時」「朝食時」「午前10時頃」「昼食時」「午後3時」「夕食時」「入浴時」「就寝前」の8回に分けて飲むことをおすすめします。

水分補給に適した飲み物は、やはり水です。お茶やコーヒー、アルコール飲料には利尿作用があり、飲めば飲むほど身体の水分を失ってしまう可能性があります。嗜好品として摂取する分には構いませんが、水分補給には適していません。

また、ジュースやスポーツ飲料は糖分が多いので、飲み過ぎないようにしましょう。

水分不足は身体に良くありませんが、かといって摂りすぎるのも禁物です。腎臓に負担をかけてしまい、水中毒に陥る可能性もあります。自分の体調や運動量に合わせて、適切は水分補給を心がけましょう。

【参考】
「健康のため水を飲もう」推進運動 厚生労働省(参照 2019-11-03)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/


関連記事リンク(外部サイト)

お酒と肌の関係性について
お風呂で簡単エクササイズ
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧