CES 2020に登場のスマートミラーは肌分析やバーチャル試着も! GDPR準拠の「Poseidon」

access_time create folderデジタル・IT
普段の生活のなかでデバイスが健康データをとって評価してくれる「パッシブヘルスケア」は、今後盛り上がりそうな分野のひとつだ。

毎朝鏡をのぞくだけで健康状態がわかれば便利だろう。CES 2020に出展の「Poseidon」は、実用的なスマートミラーのベンチマークとも呼べるプロダクト。

プライバシー重視で設計されたCareOS搭載の、同スマートミラーについて見ていこう。

・家族のプロファイルから顔認識でユーザーを特定

Poseidonは、毎日のルーチンを邪魔することなくユーザーの健康を支援してくれる。家族のプロファイルから顔認識でユーザーを特定。カスタマイズされた振る舞いで、肌の分析や天気予報の表示、音楽の再生といった機能を提供してくれる。

操作はジェスチャーや音声を通してタッチレスでも行える。歯磨きなんかの衛生習慣にゲーミフィケーションを取り入れたり、視力検査ができたりといった、ちょっと楽しそうな機能も搭載している。

またバーチャル試着もできるようで、うまく活用すれば朝の時間を有効活用できそうだ。

・データはローカルに保存

Poseidonはフレームのサイズや向き、ディスプレイのタイプ(フルHDか4K)や搭載機能など細かくカスタマイズが可能。ユーザーの生活に即した健康プラットフォームを導入できる。

CareOSはGDPR準拠で、データはローカルに保存され、同意なしに共有されることはない。お望みならカメラやマイクをオフにしておくことも可能なようだ。

こうした生活を便利にしてくれプライバシーも強固に守ってくれる設計から、CES 2020のコネクテッドホームカテゴリではアワードを受賞。今年中盤のデビューが楽しみなプロダクトだ。

Poseidon

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧