パブに行く許可を得るため必死に母親を説得する6才の女の子 「私はこれでも6才よ!お願いだから一晩くらいパブに行かせて!」

access_time create folderエンタメ

イギリス人やアイルランド人の生活に欠かせないものの一つが”パブ”と呼ばれるお酒メインのお店です。アメリカで言うところの”バー”に相当すると言えばわかりやすいでしょうか。

この”パブ”に行きたくて仕方がない6才になるアイルランド人の女の子が、お母さんを必死に説得する様子を撮影した映像が話題です。

6 year old Irish girl hilariously insists on going to the pub(YouTube)
https://youtu.be/soI0q3CBliE

女の子:「これまでにも何回かパブに行ったことあるのよ」

お母さん:「今日もう夜だからダメ。まだ小さいんだから」

女の子:「私はこれでも6才よ!お願いだから一晩くらいパブに行かせて!」

お母さん:「子供だからダメよ」

女の子:「マミー、6才なのよ、6才」

お母さん:「そう、まだ6才でしょ。16才でも17才でも18才でもないのよ。6才!」

女の子:「私の週末なのよ。もし他の子たちがパブ行ってたら?お願い、一晩だけ。明日の夜はビンゴに行かないから」

お母さん:「パパは何って言ってたの?」

女の子:「パパは電話してて私のことなんか無視よ」

それからも延々と女の子の説得作業は続きますが、お母さんはおかしくてたまらないようで、笑い始めてしまいます。

最後にはカメラ目線で、「みんな、信じられる? 私は6才なのに、実の母親がパブに行かせてくれないのよ!」と一言。説得力には欠けますが、聴衆を引き込む熱弁です。

パブに行く許可は下りなかったと思いますが、これだけ雄弁だと将来は有能な弁護士になる可能性大ですね。

※画像:TwitterとYouTubeより引用
https://twitter.com/digg/status/1210644784953602049
https://www.youtube.com/watch?v=soI0q3CBliE

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧