「君が君の街で一番強いことを、俺は決して忘れはしない」 ゲームトーナメント辞退者に送られていた「リュウからの手紙」に感動の声多数

access_time create folderエンタメ

1992年に開催されたゲームトーナメント「ストリートファイターチャンピオンシップ」で地方大会で優勝したものの諸々の事情で両国国技館で開催される全国大会に参加できなかった無念の選手たちに送られた「リュウからの手紙」が話題になっている。

1月2日、Twitterユーザーのナポりたん(@naporitanPG)さんはTwitter上に件の「リュウからの手紙」の画像を投稿。

「リュウの手紙

ストリートファイターチャンピオンシップの地域大会で優勝したが全国大会を辞退した選手に送られたもの」

https://twitter.com/naporitanPG/status/1212396745465839617?s=19

「リュウからの手紙」は次のような内容になっている。

「国技館へ来れない君へ

君は真のファイターだ。俺はそう信じている。
だから、君の街と国技館の距離が余りに離れていたり、…
あるいはお父さんとお母さんに許可してもらえなかったり、…
いろんな理由で国技館に来ることができなかったとしてもくじけるな!悲しむな!
君は真のファイターだ!!
そして君が君の街で一番強いことを、俺は決して忘れはしない。
次のチャンピオンシップでは再び君の熱いファイトを見せてくれ。
また会うその日までスーパーストII魂を燃やし続けていて欲しい。

リュウ」

失意の中にいるであろう選手たちをなぐさめ鼓舞するなんとも心熱くなる名文だ。ナポりたんさんの投稿に対し、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「カプコンはやはりすごい!
ロックマンのボスキャラ募集の時も僕が下手くそな絵を送っただけで本やCDをくれたことは忘れない❗本当にユーザーを大切にするということはこういうことですね☺️」

「「君が君の街で一番強い事を俺は忘れはしない」
この一文のアツさよ」

「リュウの熱いメッセージ!
これはシビれますね!」

「これはカプコン粋ですね
心がこもったお宝だ」

「やっぱりリュウは闘うこと、闘う人にとても真摯で、全てのファイターにとってのヒーローなんだなと改めて思いました」

リュウの“中の人”……いや、リュウが紡いだこの文章により、傷心のトーナメント参加者になされた手厚い対応には、ただただ感心させられるばかりだ。

※画像はTwitter(@naporitanPG)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧