赤犬(タカ・タカアキ、テッペイ、リシュウ、グッチ、チョッピー、カモ、タニヤン)- 今年で結成26年目を迎える関西一のエンターテイメントバンド!

access_time create folderエンタメ
赤犬(タカ・タカアキ、テッペイ、リシュウ、グッチ、チョッピー、カモ、タニヤン)- 今年で結成26年目を迎える関西一のエンターテイメントバンド!

この日のスタジオで集まったメンバーの皆さんにインタビュー

──この間は宗右衛門地獄突きカーニバル2019に出演いただきありがとうございました。ライブの感想などあればお願いします。

リシュウ:僕らのライブどんなんやったっけな…。

チョッピー:自分らのライブが思い出されへんな(笑)。

──イベント自体はどうでしたか?

リシュウ:初めて対バンする方が多くて新鮮でしたね。おとぼけビ~バ~も長いこと知ってるけど、一緒になったのは初めてでした。

グッチ:ホフディランも良かったよね。

カモ:あと大槻ケンヂさんとかもね、楽屋でお話できたので嬉しかったですね。

チョッピー:打ち上げがあったんですけど、壇上で喋るタイプの打ち上げで面白かったです。

タカアキ:心斎橋JANUSに出たのも結構久しぶりで、1階のJANUS側じゃない方のロビーに白鵬のむちゃくちゃデカい絵があったんで、それと記念写真撮りました(笑)。

2020年1月11日(土)開催の『令和初! 第68回 全日本赤犬歌謡祭』について

──来年の1月11日にワンマンがあると思うのですが準備は進んでいますか?

リシュウ:今日、それの話し合いなんです。

チョッピー:音を出さない練習があるんですよ。流れとかを決めるので。

テッペイ:僕は今日久しぶりにスタジオに来たんでまだ何も知らなくて、今それを初めて聞きました(笑)。

──そういった段取りはみなさんで話し合って決めるんですか?

チョッピー:そうですね、でも演出とかシナリオは一通りクスミヒデオ大先生が書いてます。

リシュウ:あとポスターは、ぐっちゃん(グッチさん)が作ったり、セットリストを作る人や、会計の人もいたりいろいろですね。長いことやってるので何となく役割は決まってます。

──赤犬は今、何年目ですか?

タカアキ:26年目です。

──—結成のきっかけが知りたいです。

タカアキ:どうなんですかね…。気が付いたらこの状態になってました。その辺はファンタジーにしておきましょう(笑)。

──分かりました。みなさんが集まった時はどういう話をされてますか?

チョッピー:主に昨日のテレビの話ですかね。

カモ:それか酷かった映画の話か。

チョッピー:あとは病気の話とか。

タカアキ:病気の話は多いですね。CPAPがアツいワードです。

リシュウ:一時やってましたね。でも、今は高濃度酸素吸入器買いました。酵素飲みながら、酸素も高濃度で吸入してます(笑)。

カモ:とうとう生きていくのにも機械が必要になってきましたね(笑)。

タカアキ:健康の為なら死んでもいいっていうね。

リシュウ:あと最近はキウイ皮ごと食べてるで。

一同:(笑)

──最近注目していることはありますか?

タカアキ:氷川きよしのインスタは素晴らしいので必ずチェクするようにしています。赤犬のメンバー全員、氷川きよしが好きなので。

──ワンマンの話に戻します(笑)。

チョッピー:ワンマンはちゃんと舞台を使ったエンターテイメントをやりますよ。

タカアキ:デビッド・カッパーフィールドみたいな。

リシュウ:ツムライリュージョンみたいなね。

──?

グッチ:無音で全員で合わせるダンスとかがあるんですよ。

タカアキ:あと、集団行動とかね。

チョッピー:扇子の上から水がピューって出る水芸もね。

リシュウ:これが三浦大地ってことも伝わってないやん(笑)。

──すみません(笑)。

タカアキ:正月のかくし芸大会が無くなって、みなさん娯楽に飢えていると思うので赤犬でそれを補うしかないという思いでやっています。

グッチ:毎年テッペイさんがいろんなことをしてて、テーブルクロス引きから始まって、他の人には出来ないラスベガスのショーからインスパイアされた芸をやっているので楽しみにしていてください。

今年も開催! 赤犬presents 『赤犬の今夜なに色?大新年会SP 2020』では最年少メンバー”タニヤン”に注目!!

──2月8日のロフトプラスワンウエストでのイベントについて教えてください。

タカアキ:西川のりおさんと新野新さんが司会の土曜の深夜番組で、”お母さんごめんなさい”っていうコーナーで人生相談というか、懺悔をするのが主な番組だったんですけど、それをイベントタイトルに拝借してます。

──相談もして良いってことですか?

テッペイ:良いですよ。今までしてきた人はいないですけど。

カモ:僕らが解決できるとはあまり思えないですね(笑)。

チョッピー:でも、できれば視聴者参加型にはしたいですよね。

──前回のイベントではみんなで写真や映像を見たりしましたよね。

テッペイ:まあ、基本的には各メンバーを貶めるイベントですよ。

タカアキ:株主総会みたいなもんです。

チョッピー:前は年末にやってたんで、その一年の総括みたいな感じでいろいろと映像とか出したりしてね。

リシュウ:一番最初の方は、蔵出しの映像を見たり、人の高校の時の文化祭の映像を見たり…。

カモ:だんだんチョッピーさんのパワーポイントの腕が上がってくるのが見ものですね(笑)。

チョッピー:あと、一応イベントで使っているカメラは山田邦子の”MOGITATE!バナナ大使”っていう番組で、バナナ型のCCDカメラで出演者を映していくっていうのを意識してます。

グッチ:いとうちゃん(タカアキさん)がご飯食べてるところを映してるのとかもそうやんな。

チョッピー:そこで皆イニシャルトークをするっていうね。

リシュウ:イニシャルトークで、苗字が先、名前が後っていうのが浸透したのもバナナ大使からなんですよ。

タカアキ:それも文部省の指導で、今後から苗字が先で名前が後に変わるらしいですよ。

チョッピー:え、それは山田邦子が先取りでしたね。

タカアキ:そういう教育的な話もできます(笑)。

──(笑) お客さん参加型のコーナーもありということですね。

タカアキ:普段歌わないメンバーの歌も聞けるかもしれないです。当面の目標は、今の赤犬で最年少メンバーのタニヤンを歌わすことですね。

チョッピー:1回ワンコーナーの司会をタニヤンにしてもらいたいね。爽やかなコーナーになると思う。

タカアキ:タニヤンは赤犬の”草野仁”みたいなポジションなんで。

──ワンマン、イベントに興味のある方にメッセージをお願いします。

カモ:とにかくワンマンを見てくださいということですね。

タカアキ:ワンマンを見ればトークライブが10倍は面白くなると思います。

グッチ:1月11日、一番面白い場所は赤犬のワンマンライブやと。

チョッピー:そしてワンマンで問いかけた謎にトークライブで全て答えます!

タカアキ:トークライブで聞きたいことや相談を考えておいてください。

チョッピー:激しく点滅することがあるので、そこだけお気を付けください(笑)。

グッチ:60歳以上と小学生以下は無料です。

(インタビュー終了と同時にタニヤンさんが到着)

──タニヤンさん、最後にワンマンに興味のある方に一言お願いします。

タニヤン:一言ですか…ちょっと考えてなかったっすね(笑)。

一同:(笑)

関連記事リンク(外部サイト)

大童澄瞳(漫画家) – 『映像研には手を出すな!』一員になれたことは感動でした。
下城麻菜(劇団癖者主宰)- 予想外なことが起きて楽しい
【2020年新春大放談!】平野悠(ロフトプロジェクト創設者)×加藤梅造(ロフトプロジェクト社長)- ロフトの下北沢因果鉄道! 2020年、ライブハウスは社会問題に対してなにをしていけるか。

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftop

Rooftop

LOFT PROJECT発、エンターテイメント・メディア Rooftop! 古今東西南北、ポップカルチャー最前線。"Rooftop"!古今東西南北、ポップカルチャー最前線。鮮度の高いニュースを毎日更新、キレとコクのあるインタビュー&コラム満載!

ウェブサイト: https://rooftop.cc/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧