もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2019年おすすめフリゲ・インディゲーム14選

access_time create folderゲーム

だが、領地を広げていくにつれて迷宮が姿を現すことがあり、そこでは探索と謎解きが交互に展開されるアクションアドベンチャーに。敵との戦闘もあり、場所によってはボス戦も展開される。敵に関しては迷宮のみならず、外のフィールドにも出現することがあり、手にした装備で撃退すれば素材と経験値をゲット。後者は一定量溜まればレベルが上がって「スキルポイント」が手に入り、メニューのスキル一覧内から1つスキルを選べば、新たな能力獲得のほか、装備、施設などの作成解禁を実施できる。
もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2019年おすすめフリゲ・インディゲーム14選

そう言った様々なことを延々と繰り返しながらプレイする。概略だけなら作業感の強さが滲み出ているが、本作が恐ろしいのはプレイ中に起こす行動全てに”無駄”がないこと。特に伐採・採掘による素材集めでも敵との戦闘同様、経験値が溜まるので、高いレベルに育て上げたいとなれば、ずっとそのことに没頭してしまう。そして1レベル上がったと思えば、もう少し上げたいとの欲が生じて伐採・採掘を続け、また上がったと思えばさらに上に……と言った具合にどんどん止められなくなっていき、気付いた頃には3~4時間が経過していた、という具合に時間が”ゴッソリ”盗まれる。しかも、レベルアップとスキル習得で、やれることも増えるので、ますます持って「止められない、止められない」のスパイラルに。

極め付け、伐採した素材元は一定時間が経過すれば復活。放置していれば歩行範囲がなくなるほどの密集状態になるので、安定して行動できるフィールドを維持したいならば伐採・採掘は止めてはならない。そして結果、次々と素材が手に入っては経験値も手に入り、レベルアップして新たなスキルを習得し、作成できるものが増えてプレイヤーが強くなり、領地も広がって……(以下略)
もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2019年おすすめフリゲ・インディゲーム14選

そんなこんなで、極めて毒性の強い……猛毒級の熱中度を持つゲームに完成されている。また、本作はPCのほか、Nintendo Switch、PlayStation 4で発売されているが、中でもNintendo Switch版は携帯モードとの相性が悪魔的によく、場所を選ばず遊べるのもあって、自重しなければ本当に止められなくなる。同モード時の操作性が良好であるのも拍車をかけており、まさに”混ぜるな危険”。

一部、実績を習得できないバグが存在し、現時点でもアップデート実施が不透明だったり、強化が最上位に達すると放置ゲーに等しい感じになる残念な箇所もあるが、もし、年末年始に時間を忘れてゲームを遊びたい思いがあれば、ぜひお試しいただきたい1本だ。例によって、中毒性の高さを最も感じ取れるNintendo Switch版がおすすめである。2019年に発売された最新モデル『Nintendo Switch Lite』と共に鬼に金棒の極みを味わってみよう。なおスケジュール、生活リズムの狂いが生じても自己責任で。
(シェループ)

[基本情報]
タイトル:『Forager』
制作者: HopFrog(※販売:Humble Bundle / 日本語ローカライズ:架け橋ゲームズ)
クリア時間: 20~25時間
対応OS: Nintendo Switch、PlayStation 4、PC(Windows)
価格: ¥1,980(Nintendo Switch、PlayStation 4)、¥2050(PC)

購入はこちらから
※Nintendo Switch版
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013005

※PlayStation 4版
https://store.playstation.com/ja-jp/product/UP3864-CUSA13967_00-JPPS400000000001

※PC版(Steam)

ポルト・ガーディア

2019年に遊んだフリーゲームの中で最も印象的だった1本は、と聞かれたら『ポルト・ガーディア』を挙げる。ロールプレイングゲームと落ちモノパズル、そしてローグライクもほんの少しブレンドした革新的な傑作だ。

魔王と勇者が争う王道一直線のファンタジー世界を舞台に、港を守る「港守人」になって交易品を整理しながら、時々襲い来る魔物を迎撃する内容。
もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2019年おすすめフリゲ・インディゲーム14選

見た目は落ちモノパズルゲームだが、物資に当たる「ブロック」の落下はプレイヤー側の決定によって即実施される、リアルタイム性を廃した独特のシステムを採用。素早い判断の必要もなく、じっくり積み上げ方を考えられる高い戦略性と取っ付きやすさを両立した作りを最大の特徴としている。また、ブロックは模様ごとに消した際に様々な効果があり、それがステータス強化、アイテム・お金の入手と言ったRPG由来のものになっている。さらにスコアが一定数値に達すると戦闘が発生。連鎖を決めながらの激しいパズル勝負ではなく、ターン制のコマンドバトルで、通常攻撃と手に入れたアイテムを駆使するRPG以外の何物でもない展開となる。勝利すれば経験値が手に入って、一定量到達でレベルアップ。そのままパズルへと戻って、再びブロックを消してステータス強化やアイテムなどを取って次の襲撃に備えるのを繰り返し、最後に現れるボスの討伐を目指す。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧