千葉県北部の手賀沼に建設されるはずだった幻の「手賀沼ディズニーランド」とは?

access_time create folderエンタメ
千葉県北部の手賀沼に建設されるはずだった幻の「手賀沼ディズニーランド」とは?

東京ディズニーランドが開業したのは1983年のことですが、それから遡ること20年以上前に、千葉県の手賀沼周辺に「手賀沼ディズニーランド」なるものが計画されたのをご存知でしょうか?

千葉県の手賀沼に建設されるはずだった幻の「手賀沼ディズニーランド」とは?

日本を代表するアミューズメントパークの一つである、千葉県浦安市の東京ディズニーランド。皆さん一度は足を運んだことがあるかと思います。東京ディズニーランドが開業したのは1983年のことですが、それから遡ること20年以上前に、千葉県の手賀沼周辺に「手賀沼ディズニーランド」なるものが計画されたのをご存知でしょうか?

当時の計画図はこちらです!!


View this post on Instagram

A post shared by しろさん (@kazy0213) on Jan 14, 2019 at 8:06pm PST

こちらは当時の「施設計画図」。ディズニーお馴染みのキャラクターとともに、施設のイメージ図が描かれています。この記事では、高度成長期に計画されたものの、結局幻に終わった手賀沼ディズニーランドについて書いてみたいと思います。

1959年、風光明媚な手賀沼を一大リゾートにする計画が持ち上がる!!

千葉県北部に位置し、柏市、我孫子市、白井市、印西市にまたがる手賀沼。戦前は別荘地として有名であり、風光明媚な場所として人気を博していました。そして1959年、高度経済成長の波に乗り「手賀沼に大型リゾート施設を建設しよう」という計画が持ち上がります。

こちらは当時の新聞。

 (2144005)

出典 www.pinterest.jp
翌1960年、計画を現実のものとするために「全日本観光開発株式会社」が設立。「ロサンゼルス郊外のディズニーランドの規模を参考として事業を進める」とし、地元の柏市や我孫子町(現:我孫子市)なども開発に乗り気でした。
 (2144037)

こちらは1955年に開業したロサンゼルス郊外のディズニーランド。

出典 ja.wikipedia.org

複合レジャー施設を予定していました。

計画ではディズニーランドを核とした複合施設を予定しており、ディズニーランド(計画時は「おとぎの国」という名称)に加え、ヘルスセンター(健康ランド)、スポーツ施設、スクールロッジ、ヘリポートなども整備した巨大レジャーランドにすることとなっていました。

しかし、計画が頓挫する!!

周辺自治体も乗り気であり、計画は順調に進んでいると思われた1963年、計画は急にあらぬ方向へと向かい始めます。計画に最も乗り気であった柏市では、地主の協力が得られず土地の買収が思うように進まず、また「開発のために埋立する土地が分譲住宅地になる」といった噂が流れ、開発会社は対応に追われました。
 (2144060)

ちなみに「うわさを信じちゃいけないよ~」と山本リンダが歌ったのは1972年のことです。

出典 page.auctions.yahoo.co.jp

1965年、計画中止が発表される!!

さらに、「手賀沼が遊園地建設に向かないほどに汚染が進んでいる」「そもそも計画が法律(農地法など)に違反している」といった指摘がなされ、1965年に開発会社は計画の中止を発表しました。中止の理由は「手賀沼の汚染」及び「会社の財務悪化」とのことでした。
 (2144048)

※画像はイメージです。

出典 www.irasutoya.com

ディズニーランド開業の際に我孫子市が候補に挙がるも…

そして計画中止から3年後の1968年、千葉県議会において「埋立地については宅地に転用する」という決定がなされ、手賀沼ディズニーランド構想は幻のものとなりました。15年後の1983年、千葉県浦安市に東京ディズニーランドが開業する際にも、計画段階で我孫子市も候補地に挙がったのですが、こちらも実現はしませんでした。
 (2144013)

千葉県浦安市の東京ディズニーランド(1989年撮影)

出典 ja.wikipedia.org

2012年になって当時の資料が公開される!

View this post on Instagram

A post shared by おしけん (@oshiken2016) on Nov 20, 2017 at 4:59am PST

計画中止から40年以上が経過し、人々の記憶から消えていった手賀沼ディズニーランドですが、2012年に柏市郷土資料展示室でその資料が初めて公開されました。新聞記事や、開発会社による事業計画書、設計図などが展示され、高度成長期に沸いた当時の空気が現代に蘇りました。高度成長期、そしてバブル期と壮大な計画が持ち上がっては消えていった日本。その手の幻となった計画が他にもありましたら、記事にしてみたいと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

秋元康がおニャン子の直後にプロデュースした「ねずみっ子クラブ」!意外なメンバーが多数在籍!!
【追悼】2019年、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る
「ビックリハウス」は80年代サブカルが詰まった雑誌だった

access_time create folderエンタメ
local_offer
ミドルエッジ

ミドルエッジ

「Middle Edge」は1980~90年代に青春を過ごしたオトナの為の、懐かしいテレビ・音楽 ・スポーツ・マンガなどの情報を中心にしたエンターテインメントメディアです。もう一度見たい、聴きたい、知りたい。「記憶をくすぐる」大人のWebメディア。

ウェブサイト: https://middle-edge.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧