ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

steamがUbuntuに対応することに。第1弾タイトルは『Left 4 Dead 2』。

steamがUbuntuに対応することに。第1弾タイトルは『Left 4 Dead 2』。

Valveは新しく開設したブログにてLinux版Steamの詳細を明らかにしました。

SteamはValveが提供するゲーム配信・管理・コミュニケーション用のプラットフォーム。
ネット配信システムによって安価にゲームが購入でき、またメディアやCDキーを必要とせず、購入したユーザーのアカウントで利用できるようになるため、一度ゲームを購入してしまえばSteamを通してどのPCからでもゲームをダウンロード・プレイ可能となるのが魅力とされています。

今回明らかとなったLinux版SteamはLinuxディストリビューションの1つで無償提供されているUbuntu向けに開発されており、対応タイトル第一弾は「Left 4 Dead 2」となるようです。
リリース時期については明言されていないものの、定期的なブログ更新で最新情報を提供していくとしています。

参考サイト:http://blogs.valvesoftware.com/linux/steamd-penguins/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「hiro」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき