「自己中心的な人間、周りの人に優しくできひん人間は、人の上に立てるわけない」――介護士ボクサー・大沢宏晋の仕事論(1)

access_time create folder生活・趣味
「自己中心的な人間、周りの人に優しくできひん人間は、人の上に立てるわけない」――介護士ボクサー・大沢宏晋の仕事論(1)

デビュー戦以来、ファイトマネーのほとんどを福祉施設等に寄付し続けているプロボクサーがいる。大沢宏晋、34歳。生活費は介護士として稼いだ金で賄ってきた。大沢さんはなぜ命懸けで戦って得た報酬を寄付しているのか。そして、殴り合うスポーツとは対極にある介護という仕事をしているのか。その理由や仕事観、人生観を3回に渡ってお届けする。

プロフィール

大沢 宏晋(おおさわ・ひろしげ)

1985年、大阪府生まれ。ALL BOXING GYM所属のプロボクサー。現在、45戦36勝5敗4分 21KO。WBAフェザー級1位(2019年12月現在)。18歳の時にボクシングを始め、19歳でプロデビュー。2007年から介護職とボクサーの二足のわらじで活動。デビュー戦以来、ファイトマネーのほとんどを福祉系の団体等に寄付している。2011年、第42代OPBFフェザー級チャンピオンに。その後ランキングを上げ、2016年に初の世界タイトルマッチに挑むもオスカル・バルデスに7R TKO負け。現在、再び世界チャンピオンを目指して練習中。

大沢宏晋オフィシャルサイト

きっかけは父親の“強権発動”だった

──大沢さんはデビュー以来、ファイトマネーのほとんどを福祉系の団体に寄付しているそうですね。その理由と経緯を教えてください。

僕が最初から進んで寄付しようとしたわけじゃなくて、きっかけは親父なんです。

ボクサーのファイトマネーって、直接現金でもらえるんじゃなくて、ジムからチケットを渡されて、それを自分で売った分のお金が収入になるんですね。19歳でデビュー戦が決まった時、そのチケットの束を親父に見せて、「これ売った分のお金がもらえるねんて!」って話したら、なんと全部取り上げられてもうたんですよ。

自分をいじめ抜いて戦ったらお金がもらえると思ってボクシングを始めたのにそれはないと思って「何すんねん!」って親父に食ってかかりました。そしたら「お前が持っててもろくなことに使わんやろ。お前はこれまで散々悪さばかりしてきたんやからこれから人様のために尽くさなあかん。このチケットは全部知り合いにただで渡す」って言いよったんですよ。

それでますます頭に血が上って「俺が人前で命懸けでドツキ合って稼ぐ金やぞ! なんでその金を見ず知らずの他人にやらなあかんねん! 頭大丈夫か?」と反論したんですが、結局親父はほんまに知り合いに全部ただで配ってもうたんですよ。

──なぜお父さんはそんなことをしたんだと思いますか?

親父からしたら当時の僕なんてただのクソガキなんで、人としてまっとうな道に進ませようとしたんだと思います。また、人様のためにしたことが後々、何らかの形で僕に返ってきたらええと思ったんちゃいますかね。

デビュー戦は引き分けで、めちゃくちゃ落ち込んで泣きながらリングを降りました。その時、知らんおっちゃんに「今日チケットもらって来たもんやけど、いい試合やったよ。いいもん見せてもらっておおきに」と声を掛けられたんです。

その言葉にめっちゃ胸を打たれたんです。なんせそれまで悪さばっかりやってきて、人から恨まれることはあっても感謝されることなんてなかったですから。初めてありがとうって言われたことで、感謝されるってむちゃくちゃ素敵なことやなと感動しました。その瞬間から意識が180度変わって、これからも人のために頑張ろうと、チケットを全部、知的障害者施設に寄付するようになったんです。そしてボクシングにもより真剣に取り組むようになりました。

弱い立場の人のために

大沢宏晋さん

介護職として利用者のお年寄りに優しく接する大沢さん(自身が経営する元気デイサービスセンターにて)

──なぜ寄付先に知的障害者施設を選んだのですか?

僕は基本的に社会的に弱い立場の人の役に立ちたいという思いがあるんです。僕にできるのは戦うことだけなので、それで何かさせてもらいたい。ただ、お金って使ったら消えるじゃないですか。でもチケットを渡して試合を観に来てくれたら、僕のリアルな生き様を見て、記憶に残るかなと。それがこの先の生きる元気とか希望に少しでもなればという思いでチケットで寄付していたんです。

ただ、数年前に知的障害者施設の担当者が異動になってつながりが消えてしまったので、今は寄付していません。現在は西成区にあるこども食堂や、僕の母校の小中学校に寄付しています。

──デビュー戦から今までずっと、命懸けで戦う代償としてもらうファイトマネーのほとんど寄付するってなかなかできることじゃないと思います。

自分が損するとか何も考えてないんですよ。そんな目先の小金をちょこちょこつまんだところでしゃあないでしょ。試合のチケットも売れ残ったらただの紙切れやし。それやったら一人でも多くの人に大沢宏晋という一人の人間を知ってもらえた方がええかなと。

自分のことしか考えられへん自己中心的な人間、周りの人に優しくできひん人間は、人の上に立てるわけないと思います。だから自分のことは二の次で、人様のために還元する方がいいんじゃないかという考え方になりましたね。

でも時にはそんな心が仇になったりすることもありますけどね。他人にうまく利用されたりとか。でもだからといって、それをやめようとは思わないですね。自分の信念だけは絶対に曲げたくないと思っているので。

──そもそもプロボクサーのファイトマネーは日本王者クラスでも少なく、それだけでは生活は難しいと聞きます。さらに寄付していたら食べていけませんよね。生活費はどうしているのですか?

確かにその通りです。世界ランカーを日本に呼んで試合をした時でさえ手元にはほんの少ししか残りません。だから生活費は別に仕事をして稼いできました。これまでいろんな仕事をしてきましたが、今は介護の仕事をしています。

介護士との二足のわらじ

大沢宏晋さん
1 2 3次のページ
access_time create folder生活・趣味

リクナビNEXTジャーナル

ビジネスパーソンのための、キャリアとビジネスのニュース・コラムサイト。 キャリア構築やスキルアップに役立つコンテンツを配信中!ビジネスパーソンの成長を応援します。

ウェブサイト: http://next.rikunabi.com/journal/

TwitterID: rikunabinext

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧