249㏄や399㏄… エンジンの実際の排気量はなぜ中途半端なの?

access_time create folder生活・趣味
249㏄や399㏄… エンジンの実際の排気量はなぜ中途半端なの?


Q. エンジンの排気量が中途半端なのはなぜ?

A. 加工時の誤差で免許や車検制度の区分を超えないようマージンを設けているから
バイクの名前に250や400と付いていても、実際にカタログのスペック表を見てみると、排気量は249㏄や399㏄など中途半端だったりする。この微妙に数㏄だけ少ないのはなんで?と思う人もいることだろう。これはエンジンの排気量をどんなにキリがいい数字に設計しても、加工の段階でごくわずかな誤差が生じてしまうからだ。運転免許や車検、税金など様々な制度で区分が決められており、適合させるためには、誤差によってそれを超えないようにマージンを設けているのだ。

Q. ビッグバイクは上限がないはずだけど、やっぱり排気量は中途半端なのはなぜ?

A. メーカーがその排気量が最適だと判断しているから
エンジンの総排気量が400㏄を超えるバイクは大型自動二輪車となり、排気量の上限はない。それでも998㏄や1297㏄だったりするのはなぜか? その排気量がパワーと重量のバランスがいいから、無理に排気量をキリのよい数字にしてもメリットがないから、そもそも端数を出さないのが難しい、など理由は様々あるが、一言で言えば“メーカーがその排気量が最適”と判断しているからだろう。

シリンダーやピストンの断面が円の時点で端数を出さないのは難しい

排気量の計算
スペック表のボアはピストンの直径、ストロークはピストンの移動量のこと。そこから計算されはじき出された体積が排気量となる。実際に排気量を計算してみると端数の必ず出る円周率を掛けている時点で、端数を出さないようにするのが難しいのがわかるだろう

関連記事リンク(外部サイト)

利便性が大幅アップ!ハリケーンのYZF-R25用 USB電源付きクランプバー
わかってない人は危険な状態のおそれあり!バイクタイヤのスリップサインの見方
ハイオク指定のバイクにレギュラーガソリンを入れたらどうなる?その逆は?

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧