【J1参入決定戦】松田天馬の執念弾!湘南が徳島の挑戦を退けJ1残留!

access_time create folderエンタメ
【J1参入決定戦】松田天馬の執念弾!湘南が徳島の挑戦を退けJ1残留!

徳島は鈴木徳真のボレー弾で先制に成功したが…。

[J1参入PO決定戦] 湘南 1-1 徳島/2019年12月14日13:00/Shonan BMWスタジアム平塚
 J1参入プレーオフ( PO )決定戦、湘南ベルマーレ(J1・16位)が徳島ヴォルティス(J2・4位)と1-1で引き分け、規定により成績上位の湘南のJ1残留が確定した。
 立ち上がり、徳島がコーナーキックを続けて獲得し、次第に湘南ゴールに迫る。迎えた20分、野村直輝のキックを石井秀典が折り返し、鈴木徳真が右足ボレーでねじ込む。勝利にはゴールが必須の徳島が、待望の先制点を叩き込んだ。
 その後も両チームともにゴール前までボールを運ぶ展開が続く。
 このままではJ2に降格してしまう湘南は、後半開始からクリスランを最前線に投入。この起用が、見事にハマった。ホームチームは前線からのプレスが機能し、全体のバランスが整い反撃へと転じる。
 すると64分、左サイドで鈴木冬一の縦パスを受けた山﨑凌吾がクロスを放つ。それをクリスランがスルーし、飛び込んだ松田天馬が相手をかわして執念の一撃! 湘南がついに同点に追いついた。
 その後、あと1点が必要になったアウェーチームは杉本竜士、清武功暉を投入。1点を奪いに行ったが、湘南ゴールを割ることはできず……。湘南が体を張って守り切り、J1残留を果たした。
 J1参入プレーオフ決定戦は、2年連続でJ1・16位チーム(昨季はジュビロ磐田)が残留を果たした。

[文:サカノワ編集グループ]

関連記事リンク(外部サイト)

【浦和】アマ最強に完敗。大槻親分の温情が仇に「メンバー構成を含めて…」
マジョルカ久保、ホーム2連発なるか「奇妙なチーム」とベティスを指揮官警戒
【鳥栖×浦和】金監督「この判定では全てファウルに」、大槻監督「陣地変更がサポーターの後押しと最後の1点をもたらした」

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧